2005.05.30

緊急報告◇消極的安楽死で書類送検、殺人の疑いでは異例

 5月18 日、北海道立羽幌病院の医師が、食事をのどに詰まらせ心肺停止状態で搬送されてきた患者(90歳)の人工呼吸器のスイッチを切り死亡させたとして、殺人の疑いで書類送検されました。延命処置を中断するという「消極的安楽死」が殺人疑いとされたのは極めて珍しく、また、殺人の疑いなのに身柄拘束もなく書類送検のみだったことも異例でした。

 この事件が報じられた直後、受講者の方から以下のようなメールをいただきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 最近の事例ですが、北海道の医師が家族承諾の上、心肺蘇生後90 歳患者の人工呼吸器を停止したことが安楽死の要件(東海大学事件の判例)を満たさないことを理由に道警により書類送検されたというニュースを見ました。

 私見では、ここでいう(消極的)安楽死はいわゆる延命治療の差し控え・中止に当るもので、今日的には、いわゆる積極的安楽死の概念とは全く違うものと考えておりました。

 つまり東海大学病院事件で示された積極的安楽死の要件を満たさないことを理由に、それと異なる延命治療の差し控え・中止行為が違法であるとの見解に納得がいかないと思われました。そこで司法現場での実際の解釈をご教示いただければと考えました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 講座の講師を務めていただいている浅井登美彦氏にお話をうかがいました。浅井氏は、「道警は殺人の疑いがあるが、医療行為と考えるのか、あるいは事件と考えるのか、その判断がつかなかったので書類送検としたもの」と冷静に受け止めるべきと指摘しています(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4