2005.05.25

犬と散歩するとストレスが和らぐ! 副交感神経が活性化――酪農学園大学が確認

 ペットの癒やし効果は確かにある――。酪農学園大学獣医学部獣医学科に所属する本岡正彦氏のグループが行った研究で、高齢者が犬と過ごすと副交感神経が活性化されることがわかった。

 自律神経のひとつである副交感神経が働くと、心拍数が低下して体がリラックスした状態になる。本岡氏は、「ペットによって高齢者のストレスを緩和できれば、様々な疾患の予防につながる」と期待する。

 今回の研究は、健康な高齢の男女13人に、犬と30分間散歩してもらい、その間の自律神経活性の変化を、ひとりで散歩した場合の数値と比較。これを3日間連続で繰り返した。

 結果、副交感神経の活性値が明らかに上昇した。しかも、1日目よりも2日目、2日目よりも3日目というように、散歩を重ねるごとに副交感神経活性値が増加、逆に交感神経活性は抑制された。

 また、高齢の女性4人を対象に、犬と散歩した場合と、犬と共に過ごした場合の自律神経活性を比較した。すると、散歩をしたときよりも、犬と家で過ごしたときの副交感神経活性値がより高いことがわかった。

 海外では、1980年にFriedmann博士らが、ペットの飼い主は、飼い主でない人よりも、心臓病退院1年後の生存率が高かったという研究報告を発表している。

 その後、ペットの飼い主の方が飼い主でない人よりも、血圧や血液中の中性脂肪値などが低いことも報告されている。

 今のところ、ペットによる健康効果のメカニズムや詳細はよくわかっていない。だが本岡さんは、「今回の研究結果で、犬と過ごすと副交感神経が活性化されることが明らかになった。ペットは高齢者の病気予防に有用だろう」と話す。

 ちなみに、犬自身のストレス解消には、散歩がよいといわれている。犬を飼っている人は、自分の健康のためにも、犬のストレス解消のためにも、積極的に一緒に散歩してみてはどうだろう。(熊 介子、日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176