2005.05.24

【リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005】半数以上が「ガイドラインで診療内容が変わった」

 MedWaveは日本リウマチ学会の開催を機に、「リウマチ治療の将来に関するアンケート調査2005」を実施した。MedWaveの会員医師に調査への協力を求め、5月12日までに101人から回答を得た。調査では、2004年4月に公表された「関節リウマチの治療ガイドライン」について尋ねたが、「使っている」人のうち半数以上が「ガイドラインで診療内容が変わった」と回答した。

 調査ではまず、日常診療で「関節リウマチの治療ガイドライン」を参考にすることがあるかどうかを尋ねた。その結果、「年数回」が20.8%、「月に1度ぐらい」が14.9%、「週に1度ぐらい」が12.9%だった。「ほぼ毎日」は4%あったが、一方で「年数回以下」も9.9%だった(図1)。なお、「使ったことがない」が37.6%だった。



 以下、ガイドラインを使ったことがある人(n=63)を対象に解析した。

 ガイドラインの使用目的については、「治療法の確認」が76.2%ともっとも多く、「患者への説明」の50.8%と「診断方法の確認」の47.6%が続いた(図2)。「医師の教育」は9.5%で、「その他の医療スタッフの教育」の11.1%より少なかった。



 使用している人にガイドラインによって診療の内容が変わったかどうかも尋ねたが、「大きく変わった」が3.2%、「少し変わった」が50.8%と、合わせて54%で半数以上が何らかの影響を受けたことをうかがわせた(図3)。



 ガイドラインの満足度を尋ねた質問では、「ほぼ満足」が63.5%もあり、「満足」の4.8%と合わせると、68.3%が満足していた(図4)。



 ガイドラインの不満な点を選択肢から選んでもらったところ、「日本人でのエビデンスが乏しい」が36.5%あり、「分量が多くて読み通すのが大変」も33.3%で、この2項目が30%を超えていた(図5)。「最新版であるのかどうか分かりにくい」も28.6%で、「高価である」27.0%、「入手しにくい」22.2%と続いた。

 「日常診療での実施が難しい」が19.0%、「自分の患者に当てはまらないことが多い」も17.5%あり、もっとも多かった「日本人でのエビデンスが乏しい」と連動していた。



 (まとめ;三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4