2005.05.23

【ASCO2005速報】 サイトカイン抵抗性転移性腎臓癌にチロシンキナーゼ阻害薬が有効、46%で腫瘍が30%縮小

 サイトカイン抵抗性転移性腎臓癌に対して、チロシンキナーゼ阻害薬のAG-013736が、投与した46%の人で腫瘍におよそ30%の縮小が見られたという。これは、AG-013736に関する第2相臨床試験の結果で、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校のBrian Rini氏が、5月14日の一般口演で発表した。同氏によると、同じ適応で承認されている既存薬よりも、反応率は良いという。AG-013736は、VEGFレセプターとPDGF-βレセプターの阻害作用がある。

 Rini氏らは、サイトカイン抵抗性の転移性腎臓癌の人52人に対し、AG-013736(5mg、1日2回)を投与した。追跡期間の中央値が1年の時点で評価したところ、固形癌の治療効果の判定基準であるRECISTで部分奏功(腫瘍の30%以上の縮小)が見られたのは、全体の46%にあたる24人だった(95%信頼区間:32〜60%)。

 AG-013736の治療毒性について、世界保健機関(WHO)のグレード3と4のものについて見てみると、高血圧が15%、下痢と疲労感がともに8%、食欲不振と口内炎がともに2%と、比較的よい耐容性が得られた。(Andrew G. Ten Have、當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55