2005.05.23

【ASCO2005速報】 サイトカイン抵抗性転移性腎臓癌にチロシンキナーゼ阻害薬が有効、46%で腫瘍が30%縮小

 サイトカイン抵抗性転移性腎臓癌に対して、チロシンキナーゼ阻害薬のAG-013736が、投与した46%の人で腫瘍におよそ30%の縮小が見られたという。これは、AG-013736に関する第2相臨床試験の結果で、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校のBrian Rini氏が、5月14日の一般口演で発表した。同氏によると、同じ適応で承認されている既存薬よりも、反応率は良いという。AG-013736は、VEGFレセプターとPDGF-βレセプターの阻害作用がある。

 Rini氏らは、サイトカイン抵抗性の転移性腎臓癌の人52人に対し、AG-013736(5mg、1日2回)を投与した。追跡期間の中央値が1年の時点で評価したところ、固形癌の治療効果の判定基準であるRECISTで部分奏功(腫瘍の30%以上の縮小)が見られたのは、全体の46%にあたる24人だった(95%信頼区間:32〜60%)。

 AG-013736の治療毒性について、世界保健機関(WHO)のグレード3と4のものについて見てみると、高血圧が15%、下痢と疲労感がともに8%、食欲不振と口内炎がともに2%と、比較的よい耐容性が得られた。(Andrew G. Ten Have、當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急