2005.05.20

再ブーム到来!、糖鎖はこう使う!−−日経バイオビジネスの特集

最新号表紙画像 遺伝子、たんぱく質に次ぐ研究対象として「糖鎖」に再び、注目が集まっている。糖の合成・精製技術が進み、分析機器も発達。構造・機能解析が容易になったためだ。糖鎖そのものを食品や医薬品に活用する以外に、たんぱく質との関係に目を向けたんぱく質医薬の機能向上や新薬の創出に役立てる動きも活発化してきている。産業利用の青写真と、実現に至るロードマップを探った。

 日経バイオビジネス5月号では、「再ブーム到来!、糖鎖はこう使う!」について特集しています。このほかの主な内容は以下の通り。

トレンド
 1歩踏み出したファーマコゲノミクス
 治験で遺伝子データ活用へ。まずは厚労省が現状把握

 GM作物開発の新しい戦略
 複数遺伝子を自在に発現、広がるGM作物の可能性

 ペプチドはアミノ酸を超えるか
 ポスト・アミノ酸の注目株、ペプチドの機能は謎だらけ

 ファイトレメディエーション
 カドミウム汚染浄化に暗雲、目算外れたファイレメ市場

 国内主要ベンチャーキャピタル(VC)調査
 バイオ向け資金1000億円超、専門ファンドも18組合に

 盛況だったHGM2005
 ポストゲノムの研究が熱気

キーパーソンインタビュー
 協和発酵社長・松田譲氏
 創業原点への回帰で成長へ、人的コストの削減も

 詳しくは、日経バイオビジネス6月号(6月15日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256