2005.05.20

マツモトキヨシが決算発表、売り上げ3000億円超、利益も過去最高に

 ドラッグストア最大手のマツモトキヨシは5月20日、2005年3月期の決算(連結)を発表した。売上高は3053億円と3000億円の大台に乗った。営業利益は148億円、経常利益は162億円で、いずれも過去最高となった。

 売上高は、前の期に比べ10.8%の増加。消費税の総額表示や天候不順などによる上半期の業績悪化要因を、販売費・一般管理費などの抑制で最小限にとどめ、下半期の化粧品関連の新商品や花粉症・風邪など季節性の強い薬の売り上げが貢献したという。売上高の伸びに支えられ、営業利益・経常利益も、それぞれ前の期より6.0%、4.9%伸びた。

 マツモトキヨシでは、2005年度中の既存店売上高の伸びを0.5〜1%と見込む。名古屋・大阪をはじめ西日本での新規出店に力を入れ、直営店だけで年間80〜100店舗の開設を目標とし、2006年3月期の予想売上高として3200億円を掲げている。

 なおマツモトキヨシは、同日、発行可能な株式の総数を現行の1億6000万株から2億1000万株に引き上げことも発表した。これは敵対的な企業買収に対する防衛策ではなく、将来の事業拡大などを視野に、機動的に増資などの対応を取るためだという。医薬品卸やメーカーの買収を念頭に、同社が目指す製・配・販の一貫した流通小売業を実現するための布石とみられる。
(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1