2005.05.19

【ASCO2005速報】 早期HER2陽性乳癌、トラスツズマブの術後投与で再発リスクが46%減少

 早期HER2陽性の乳癌患者に対し、補助化学療法などに加え、術後に抗体医薬トラスツズマブを投与することで、2年再発リスクが46%減少することがわかった。これは、トラスツズマブに関する第3相臨床試験の仮分析の結果で、ベルギーJules Bordet InstituteのMartine Piccart氏が、最新報告(レイトブレイキング・アブストラクト)にも載せない最新成果として、5月16日のサイエンティフィック・シンポジアで発表した(別掲記事に概要を既報)。同試験は世界39カ国、478カ所で行われており、被験者総数は5090人と、乳癌の試験としては最大規模だという。

 Piccart氏らは、2002〜2005年にかけて、早期HER2陽性の乳癌患者で、術前または術後に補助化学療法を行った5090人を3群に分けた。被験者の中には、加えて放射線療法を受けた人もいた。一つの群にはトラスツズマブ(初回のみ8mg/kg、その後6mg/kg)を3週間ごとに2年間、別の群には同じレジメンのトラスツズマブを1年間、もう一つの群は、対照群として経過観察のみを行った。

 追跡期間の中央値が1年の時点で評価を行った。その結果、2年無再発生存率は対照群では77.4%だったのに対し、1年トラスツズマブ群では85.8%と、有意に高かった(ハザード比=0.54(95%信頼区間:0.43〜0.67、p<0.0001)。

 また、うっ血性心不全の発症率は、対照群が0%だったのに対し、1年トラスツズマブ群でも0.5%に留まるなど、トラスツズマブの充分な耐容性が確認された。

 Piccart氏は、「仮分析の時点で既に、早期乳癌でトラスツズマブが有効である点を示す結果が出たのは、(HER2陽性乳癌という)攻撃的な疾患の治療において、ブレイクスルーだ」としている。同試験の今後の分析結果にも大いに期待できそうだ。(Andrew G. Ten Have、當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 関連トピックス ■
◆ 2005.5.18 ASCO2005速報】乳癌医療における抗体医薬の重要性高まる ハーセプチンの報告に万雷の拍手



訂正 ハーセプチンの一般名称であるtrastuzumabを「トランスツズマブ」と表記しましたが「トラスツズマブ」に訂正致します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13