2005.05.19

【ASCO2005速報】 胃食道癌への術前・術後補助療法で、5年生存率が57%増に

 胃食道癌に対する術前・術後補助療法により、手術だけを行った場合に比べ、5年生存率が23%から36%に、約57%有意に増加することがわかった。生存期間の中央値や無増悪進行生存率もまた、有意に改善した。これは、MAGIC(Medical Research Council Adjuvant Gastric Infusional Chemotherapy)試験の最終結果で、英国Royal Marsden 病院のDavid Cunningham氏が、5月15日の一般口演で発表した。

 Cunningham氏らは、1994〜2002年にかけて、胃食道癌で手術が適応となる患者503人を、2群に分けた。このうち、胃癌は74%、下部食道癌が15%、胃食道接合部の癌は11%を占めた。腫瘍最大直径の中央値は5.0cmだった。

 補助療法群には、エピルビシン(50mg/m2/日)、シスプラチン(60mg/m2/日)と5-フルオロウラシル(FU)(200mg/m2/日)を3週間間隔で術前に3回、術後に3回それぞれ投与した。対照群には手術だけ行い、補助療法は行わなかった。

 生存者の追跡期間の中央値が3年の時点で分析を行った。5年生存率は、対照群が23%(95%信頼区間:17〜29%)だったのに対し、補助療法群では36%(95%信頼区間:30〜43%)に上った。2年生存率は、対照群が41%(95%信頼区間:35〜48%)、補助療法群が50%(95%信頼区間:44〜56%)だった。生存期間の中央値は、対照群が20カ月、補助療法群が24カ月と、その差は4カ月(95%信頼区間:2〜13カ月)だった。

 5年後生存と無増悪進行生存に関するハザード比は、それぞれ、0.74(同:0.59〜0.93)と0.66(同:0.53〜0.81)と、いずれも補助療法群で有意に改善した。

 コメンテーターでDana-Farber Cancer InstituteのRobert J. Mayer氏は、「本研究結果はよく分析してあり、補助療法の耐容性も十分だった。これで術前補助療法が有意義である点は納得できた」と述べた。一方で、補助療法群250人のうち、術後補助療法を完了したのは104人に過ぎないことから、「術後補助療法の有効性については、未だ不明だ」とした。(Andrew G. Ten Have、當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54