2005.05.19

【ASCO2005速報】 胃食道癌への術前・術後補助療法で、5年生存率が57%増に

 胃食道癌に対する術前・術後補助療法により、手術だけを行った場合に比べ、5年生存率が23%から36%に、約57%有意に増加することがわかった。生存期間の中央値や無増悪進行生存率もまた、有意に改善した。これは、MAGIC(Medical Research Council Adjuvant Gastric Infusional Chemotherapy)試験の最終結果で、英国Royal Marsden 病院のDavid Cunningham氏が、5月15日の一般口演で発表した。

 Cunningham氏らは、1994〜2002年にかけて、胃食道癌で手術が適応となる患者503人を、2群に分けた。このうち、胃癌は74%、下部食道癌が15%、胃食道接合部の癌は11%を占めた。腫瘍最大直径の中央値は5.0cmだった。

 補助療法群には、エピルビシン(50mg/m2/日)、シスプラチン(60mg/m2/日)と5-フルオロウラシル(FU)(200mg/m2/日)を3週間間隔で術前に3回、術後に3回それぞれ投与した。対照群には手術だけ行い、補助療法は行わなかった。

 生存者の追跡期間の中央値が3年の時点で分析を行った。5年生存率は、対照群が23%(95%信頼区間:17〜29%)だったのに対し、補助療法群では36%(95%信頼区間:30〜43%)に上った。2年生存率は、対照群が41%(95%信頼区間:35〜48%)、補助療法群が50%(95%信頼区間:44〜56%)だった。生存期間の中央値は、対照群が20カ月、補助療法群が24カ月と、その差は4カ月(95%信頼区間:2〜13カ月)だった。

 5年後生存と無増悪進行生存に関するハザード比は、それぞれ、0.74(同:0.59〜0.93)と0.66(同:0.53〜0.81)と、いずれも補助療法群で有意に改善した。

 コメンテーターでDana-Farber Cancer InstituteのRobert J. Mayer氏は、「本研究結果はよく分析してあり、補助療法の耐容性も十分だった。これで術前補助療法が有意義である点は納得できた」と述べた。一方で、補助療法群250人のうち、術後補助療法を完了したのは104人に過ぎないことから、「術後補助療法の有効性については、未だ不明だ」とした。(Andrew G. Ten Have、當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22