2005.05.18

【ASCO2005速報】 オピオイド投与で起きる重度の便秘、抗オピオイド薬メチルナルトレキソンで約6割が4時間以内に便通

 終末期患者に対するオピオイド投与によって、重度の便秘が発現することがある。こうした症例に対して、抗オピオイド薬のメチルナルトレキソン(MNTX)を投与すると、約6割の人で4時間以内に便通がみられることがわかった。これは、メチルナルトレキソンの第3相臨床試験の結果で、米San Diego HospiceのJay Thomas氏らが、5月17日の一般口演で発表した。本演題はLate Breaking Abstractに選ばれている。オピオイド誘発性の便秘は終末期患者のケアにおいて大きな課題であるため、会場の医師からはMNTXのできるだけ早い承認を望む声が上がった。

 Thomas氏らは、期待余命が1〜6カ月の終末期患者で、同じ用量のオピオイドを3日以上投与する計154人を3群に分けた。第1群にはMNTX0.15mg/kgを、第2群にはMNTX0.3mg/kgを、第3群にはプラセボをそれぞれ皮下投与した。

 投与後4時間以内に便通のあった人の比率を調べたところ、プラセボ群では13%だったのに対し、MNTX0.15mg群では62%(p<0.0001)、MNTX0.3mg群では58%と、投与群では有意かつ大幅に高かった(p<0.0001)。また、24時間以内に便通のあった人の割合は、プラセボ群では33%だったのに対し、MNTX0.15mg群では68%(p<0.0004)、MNTX0.3mg群では64%(p<0.0014)だった。

 投与後に便通があるまでの時間の中央値について比較したところ、プラセボ群では24時間超だったのに対し、MNTX0.15mg群では70分(p<0.0001)、MNTX0.3mg群では45分(p<0.0001)だった。

 MNTXの主な副作用として、腹部痙攣が投与群の約30〜40%で、鼓腸が約15〜20%で認められているが、全般的に耐容性は良好だった。全身性オピオイド離脱症状は全く報告されなかった。(Andrew G. Ten Have、當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:177
  2. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:539
  3. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:319
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:112
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:65
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  7. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  8. 第7次医療計画の作成指針案が了承 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:2
  9. インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:228
  10. ニボルマブは進行胃癌の3次治療として有効【ASC… 日経メディカルOncologyニュース FBシェア数:31