2005.05.18

【ASCO2005速報】 乳癌医療における抗体医薬の重要性高まる ハーセプチンの報告に万雷の拍手

 乳癌治療用の抗体医薬トラスツズマブ(商品名:ハーセプチン)を術後補助療法として使うことによって患者の生存率が高まるとの試験結果が、5月16日に開催された緊急セッション「Advances in Monoclonal Antibody Therapy for Breast Cancer」で報告された。

 加えて、2004年に進行結腸直腸癌での使用が認められたベバシツマブについても、やはり乳癌治療に有望との臨床試験の結果が報告され、注目された。

 乳癌治療の早期からトラスツズマブを使用するかどうかは、ここ数年の乳癌治療の最大の問題だった。発表が行われた会場では聴衆の拍手が鳴りやまず、口笛も吹かれるなど祝賀ムードに包まれた。

 米国立癌研究所(NCI)とGenentech社のグループは、手術前の乳癌患者を2群に分け、一方の群にAC(ドキソルビシン/シクロフォスファミド)からパクリタキセルという治療を、もう一方の群にAC(ドキソルビシン/シクロフォスファミド)からパクリタキセル+トラスツズマブという治療を行い、両者の治療成績を比較した。3年目、4年目の無病生存率では、トラスツズマブ使用群がそれぞれ87%、85%だったのに、非使用群は74%、67%と劣っていた。3年目、4年目の生存率でも、トラスツズマブ使用群が94%、91%であったのに、非使用群では92%、87%とやはり劣勢だった。

 また、血管内皮増殖因子(VEGF)を中和して、癌組織が誘発する血管新生を抑えるベバシツマブでは、進行乳癌患者を対象にパクリタキセル単独使用群とパクリタキセル+ベバシツマブ併用群の比較が行われた。無病生存期間はパクリタキセル群が6.1カ月だったのに対して、パクリタキセル+ベバシツマブ群では10.97カ月と大きく上回った。ベバシツマブでは一般的に血圧上昇が問題になるが、この試験でも、パクリタキセル+ベバシツマブ群の13.3%に比較的症状が重い高血圧症状が現れたという。「高血圧発現の原因究明もベバシツマブ医療の大きな課題」と指摘された。

 今回の発表で、「乳癌分野でのトラスツズマブの早期使用の方針が固まった」といえるだろう。またベバシツマブについても、今後臨床研究が蓄積されて、乳癌治療での位置づけが明確にされていくことは間違いない。また、欧米での動きを日本の医療界や厚生労働省、さらに医療の主役である患者らが、どのように評価していくのかも注目される。

 トラスツズマブは乳癌治療を劇的に変えつつある画期的な治療薬だ。しかし、一方で抗体が標的とする抗原が、全乳癌患者の20〜30%にしか発現しておらず、残りの乳癌患者には効果が期待できないということも事実。トラスツズマブに耐性の乳癌にどのような治療方針で臨むべきかという点も、今後検討されていかなければならない。画期的な治療薬トラスツズマブの登場は、乳癌医療に新しい課題をもたらしたということもできる。(小崎丈太郎、日経メディカル開発



訂正
・ハーセプチンの一般名称であるtrastuzumabを「トランスツズマブ」と表記しましたが「トラスツズマブ」に訂正致します。

・第1段落で、「現在認められているよりも早期の手術前に」とありましたが誤りで、正しくは「術後補助療法として」でした。お詫びして上記のように訂正いたします。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0