2005.05.17

【ASCO2005速報】 ベバシツマブとFOLFOX-4療法の併用が進行性大腸癌患者の生存期間を延長

 米Pennsylvania大学教授のBruce J.Giantonio氏らは、抗体医薬ベバシツマブと大腸癌の標準治療法FOLFOX-4療法を併用することによって相乗効果が得られ、奏効率、全生存期間、無増悪生存期間のいずれも有意に改善することを見出し、5月14日のプレナリーセッションで発表した。

 ベバシツマブは抗体医薬の一つで、血管内皮増殖因子(VEGF)を中和して癌組織が促す血管新生を阻害し、最終的に抗癌効果を現す。昨年、米食品医薬品局(FDA)が代謝拮抗型抗癌剤5FUとの併用による進行性結腸大腸癌の治療薬として承認した。日本でも臨床試験が行われている。

 Giantonio氏らは、「FOLFOX-4療法(オキサリプラチン+5FU+ロイコボリン)+ベバシツマブ(10mg/kg、2週間おきに静注射)」、「FOLFOX-4療法単独」、「ベバシツマブ単独(10mg/kg、2週間おきに静脈注射)」の3種類の治療法にそれぞれ289人、290人、210人の患者を振り分け、比較試験を行った。フォローアップの期間の中央値は、18.7カ月だった。

 FOLFOX-4療法単独、ベバシツマブ単独では、生存期間がそれぞれ10.8カ月、10.2カ月だったが、併用療法では12.9カ月となった。無増悪生存期間も、併用療法が7.2カ月で、2つの単独療法よりも2〜3カ月長かった。

 際立った違いを見せたのは奏効率(完全寛解、部分寛解3種類の割合を合計)で、FOLFOX-4療法単独が9.2%、ベバシツマブ単独併用が3.0%だったのに対して、併用が21.8%だった。3種の治療法の間で、有害事象の違いは見つからなかった。(小崎丈太郎、日経メディカル開発)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7