2005.05.17

【ASCO2005速報】 ベバシツマブとFOLFOX-4療法の併用が進行性大腸癌患者の生存期間を延長

 米Pennsylvania大学教授のBruce J.Giantonio氏らは、抗体医薬ベバシツマブと大腸癌の標準治療法FOLFOX-4療法を併用することによって相乗効果が得られ、奏効率、全生存期間、無増悪生存期間のいずれも有意に改善することを見出し、5月14日のプレナリーセッションで発表した。

 ベバシツマブは抗体医薬の一つで、血管内皮増殖因子(VEGF)を中和して癌組織が促す血管新生を阻害し、最終的に抗癌効果を現す。昨年、米食品医薬品局(FDA)が代謝拮抗型抗癌剤5FUとの併用による進行性結腸大腸癌の治療薬として承認した。日本でも臨床試験が行われている。

 Giantonio氏らは、「FOLFOX-4療法(オキサリプラチン+5FU+ロイコボリン)+ベバシツマブ(10mg/kg、2週間おきに静注射)」、「FOLFOX-4療法単独」、「ベバシツマブ単独(10mg/kg、2週間おきに静脈注射)」の3種類の治療法にそれぞれ289人、290人、210人の患者を振り分け、比較試験を行った。フォローアップの期間の中央値は、18.7カ月だった。

 FOLFOX-4療法単独、ベバシツマブ単独では、生存期間がそれぞれ10.8カ月、10.2カ月だったが、併用療法では12.9カ月となった。無増悪生存期間も、併用療法が7.2カ月で、2つの単独療法よりも2〜3カ月長かった。

 際立った違いを見せたのは奏効率(完全寛解、部分寛解3種類の割合を合計)で、FOLFOX-4療法単独が9.2%、ベバシツマブ単独併用が3.0%だったのに対して、併用が21.8%だった。3種の治療法の間で、有害事象の違いは見つからなかった。(小崎丈太郎、日経メディカル開発)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5