2005.05.17

【ASCO2005速報】 抗VEGF抗体薬ベバシツマブ、消化管カルチノイドで有望な結果 無増悪生存期間の延長に貢献、ただし血圧上昇には要警戒

 米M.D.Anderson Cancer Centerと米国立がん研究所(NCI)の研究グループは、血管新生を抑制する抗体医薬ベバシツマブが、消化管カルチノイド腫瘍患者の無増悪生存期間(PFS)を延長することができたとの研究成果をまとめ、5月15日の一般口演で報告した。

 消化管カルチノイドでは、その85%以上の細胞でVEGF(血管内皮細胞増殖因子) やその受容体VEGFRが発現しているといわれる。研究成果を発表した、M.D.Anderson Cancer CenterのJames C.Yao氏によると、インターフェロンαには、血管新生作用を持つbFGF(塩基性線維芽細胞成長因子)とVEGF(血管内皮細胞増殖因子)の産生を抑制する作用があり、弱いながら、血管新生抑制作用があるという。研究の目的は、このインターフェロンαとベバシツマブとの薬効を比較することにある。

 被験者は平均55.3歳の44人。無作為に2群に分け、一方にベバシツマブ(15mg/kgの用量)を、もう一方にはPEGインターフェロンα(0.5μg/kg)を18週間投与した。投与終了後、全員に両方の薬剤を投与した。PEGインターフェロンαは、ポリエチレングリコール(PEG)で修飾したインターフェロンα製剤で、血中半減期が延長され、作用が強化されている。

 18カ月後に治療成績を評価したところ、無増悪生存期間を維持していたのは、ベバシツマブ群では96%だったのに対して、PEGインターフェロンα群では68%であり、統計的にも有意差が得られた。さらにfCTを使って血流も計測したところ、ベバシツマブ群ではPEGインターフェロンα群に比べ、腫瘍組織内の血流量が有意に減少していることを確認したという。Yao氏は今回の結果を踏まえ、より被験者を増やした試験に進みたいと語った。

 今回の臨床試験で無増悪生存期間と並んで注目されたのが、血圧の上昇だ。一般的にベバシツマブの投与で11〜21%の患者に血圧上昇が現れると報告されている。今回の試験の被験者44人のうち17人は高血圧の薬物療法を受けていたが、ベバシツマブの使用により、そのうちの13人が降圧剤の増量、もしくは新しい薬の追加を余儀なくされた。また、それまで高血圧と診断されていなかったにも関わらず、投与を機に高血圧を発症した被験者が7人に上った。同グループは、ベバシツマブが高血圧を引き起こす理由についても。研究が必要と結論した。(小崎丈太郎、日経メディカル開発)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0