2005.05.17

【日本糖尿病学会2005】 糖尿病薬物治療中の低血糖の発現率は7%

 糖尿病薬物治療中の低血糖の発現率は7%であることが報告された。5月14日のポスターセッションで、国立病院機構名古屋医療センターの林誠氏らが発表した。

 糖尿病の薬物治療が伸展する中、低血糖の発生率と薬剤との関係を把握しておくことは、服薬指導上、重要な意味を持つ。林氏らは、薬物治療中に低血糖を示した症例を調査し、その発生頻度と危険因子を検討した。

 対象は、2003年4月から2004年3月までの1年間に、国立病院機構名古屋医療センターで糖尿病の薬物治療を受けた1829人。来院時あるいは入院中に行われる随時採血検査で、観察期間中に一度でも血糖値が60mg/dL以下を示した症例を低血糖症例とし、その発現率を検討するとともに、患者背景、使用薬剤、血液検査値などとの関連を分析した。

 患者背景は、男性65人、女性63人。1型糖尿病が31例、2型糖尿病が96例(不明1人)。年齢は61.4±14.3歳、HbA1cは7.45±1.62%だった。糖尿病歴は17.5±9.87年だった。なお、網膜症が56例、神経障害が69例、腎症が69例となっていた。血清クレアチニン値は1.36±1.68mg/dL、BUN値は、24.6±17.2mg/dLだった。

 調査の結果、低血糖を来たした症例は128例となり、観察期間中の発現率は7.0%だった。低血糖を来たした症例の薬物療法の内訳は、インスリン69%、インスリンと経口血糖降下薬の併用14%、経口血糖降下薬17%となっていた。

 経口血糖降下薬の治療薬ごとに分析したところ、単独療法の場合、グリベンクラミドが2.78%(216例中6例)、グリクラジド2.68%(149例中4例)、グリメピリド1.30%(77例中1例)、メトホルミン1.27%(79例中1例)、ボグリボース1.08%(93例中1例)などだった。併用例では、SU薬とBG薬が1.10(365例中4例)、SU薬とαGIが1.55%(258例中4例)、SU薬とBG薬とαGIが1.72%(58例中1例)だった。結局、経口血糖降下薬の使用例では、低血糖の発現率は1.74%だった。なお、治療薬によって有意に高いものは認められなかった。

 インスリンの種類別に発現率を見たところ、単独療法の場合、超速攻型単独が22.2%(27例中6例)で多く、混合型19.2%(207例中40例)、速攻型10.0%(10例中1例)、中間型9.09%(44例中4例)だった。

 併用例では、速攻型と中間型の併用が27.5%(51例中14例)で多かった。以下、超速攻型+中間型21.7%(60例中13例)、速攻型+混合型+中間型20.0%(5例中1例)、超速攻型+混合型+中間型12.5%(8例中1例)、速攻型+混合型と超速攻型+混合型がそれぞれ11.1%(36例中4例)となっていた。結局、インスリンの使用例では、低血糖発現率が19.56%で、高率だった。インスリンの種類によって有意に高いものは認められなかった。

 インスリンと経口血糖降下薬の併用例では、低血糖発現率は15.25%だった。こちらも、併用の組み合わせによって有意に高いものは認められなかった。
 
 研究では、低血糖の危険因子を分析しているが、2型糖尿病でHbA1cが低い患者、または2型糖尿病で血清クレアチニン値や尿素窒素(BUN)値の高い患者に低血糖の発現が多いことが明らかになっている。(三和護、医療局編集委員)


■関連トピックス
・日本糖尿病学会2005】
インスリン治療の診療報酬は高すぎない
・日本糖尿病学会2005】
高濃度の脂溶性スタチン負荷に、グルコース刺激によるインスリン分泌を低下させる可能性
・日本糖尿病学会2005】
投与3年後でも血糖降下作用が持続 ナテグリニドの長期効果が明らかに
・日本糖尿病学会2005】
経口糖尿病薬の服薬、薬剤名と作用の理解度が高いほど薬の飲み忘れが少ない傾向
・日本糖尿病学会2005】
メタボリックシンドローム、一般住民の40歳以上の男性で4人に1人が該当
・日本糖尿病学会2005】
外来通院中の糖尿病患者、血糖、血圧、脂質の目標達成率は半数にも満たない
・日本糖尿病学会2005】
血糖測定用針での針刺し事故、看護師の66%が「危険性を感じたことがある」と回答
・日本糖尿病学会2005】
糖尿病薬物治療中の低血糖の発現率は7%
・日本糖尿病学会2005】
一般市民がよく取る健康食品の第1位は「ビタミン類」
日本糖尿病学会開催、初の「英語セッション」の試みも

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:192
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:224
  4. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:18
  5. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  6. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:16
  7. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:113
  8. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:80
  9. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:72
  10. レビー小体型認知症の診断、改訂ポイントは? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正