2005.05.17

薬の切り方・減らし方−−日経メディカルの特集

 患者の訴えに応じて処方を追加するうち、いつの間にか驚くほど薬が増えていた−−。こんな経験を持つ医師は少なくないだろう。本来なら、処方薬の必要性は常に吟味すべきなのだが、どうしても医師の目は、薬を「減らす」ことより「増やす」方向に向きがちだ。しかし、薬が増えると副作用や相互作用の発現リスクが高まるし、量が多ければ「効き過ぎ」を招く。その結果、患者の服薬コンプライアンスが低下してしまっては元も子もない。薬によっては、患者の減量・中止に対するニーズが非常に強い。また、症状の改善に合わせて効果が弱い薬に切り替えることで、患者の満足度が高まるケースもある。治療への悪影響を排除しつつ、患者の病態やニーズに応じた処方を実現するには、どのように薬を切り、減らしていけばいいのか。漫然とした投与が問題になることが多い薬剤を中心に、そのノウハウを探った。

最新号表紙画像

 日経メディカル5月号では、「薬の切り方・減らし方」について特集しています。このほかの主な内容は下記の通り。

トレンドビュー
・腸管の異常像をエコーで診るコツ
・たかが“とびひ”、されど侮れず
・電子聴診器を臨床現場の教育に生かす
・医師の「声掛け」が救う先端巨大症
・医療機関債発行は得か損か

 詳しくは、日経メディカル5月号(5月10日発売)のトレンドビューをお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132