2005.05.17

薬の切り方・減らし方−−日経メディカルの特集

 患者の訴えに応じて処方を追加するうち、いつの間にか驚くほど薬が増えていた−−。こんな経験を持つ医師は少なくないだろう。本来なら、処方薬の必要性は常に吟味すべきなのだが、どうしても医師の目は、薬を「減らす」ことより「増やす」方向に向きがちだ。しかし、薬が増えると副作用や相互作用の発現リスクが高まるし、量が多ければ「効き過ぎ」を招く。その結果、患者の服薬コンプライアンスが低下してしまっては元も子もない。薬によっては、患者の減量・中止に対するニーズが非常に強い。また、症状の改善に合わせて効果が弱い薬に切り替えることで、患者の満足度が高まるケースもある。治療への悪影響を排除しつつ、患者の病態やニーズに応じた処方を実現するには、どのように薬を切り、減らしていけばいいのか。漫然とした投与が問題になることが多い薬剤を中心に、そのノウハウを探った。

最新号表紙画像

 日経メディカル5月号では、「薬の切り方・減らし方」について特集しています。このほかの主な内容は下記の通り。

トレンドビュー
・腸管の異常像をエコーで診るコツ
・たかが“とびひ”、されど侮れず
・電子聴診器を臨床現場の教育に生かす
・医師の「声掛け」が救う先端巨大症
・医療機関債発行は得か損か

 詳しくは、日経メディカル5月号(5月10日発売)のトレンドビューをお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172