2005.05.16

【ASCO2005速報】 前立腺上皮内腫瘍に対するトレミフェン20mg投与で前立腺癌発症を有意に予防

 ハイグレードの前立腺上皮内腫瘍(prostatic intraepithelial neoplasia:PIN)が見つかった患者に対して、選択的エストロゲン受容体モジュレーターのトレミフェン20mgを投与することで、1年後の前立腺癌の発症率を有意に減らす効果があることがわかった。米Regional Urology(ロサンゼルス)のDavid Price氏らが、第2相後期臨床試験の結果明らかにしたもので、5月14日の一般口演で発表した。

 これまでの研究から、ハイグレードPINの認められた人の30%以上で、1年以内に前立腺癌を発症すると考えられているが、PINの効果的な治療法はないのが現状だという。Price氏らの研究グループは、ハイグレードPINが認められ、前立腺癌が見られない514人を4群に分け、トレミフェン20mg、40mg、60mg、プラセボを、それぞれ1日1回投与した。追跡中、6カ月後と12カ月後に生検を行った。

 その結果、12カ月後に前立腺癌の診断を受けたのは、プラセボ群では31.2%だったのに対し、トレミフェン20mgでは24.4%だった(p=0.048)。これは、ハイグレードPIN患者100人につき、1年で6.8人の前立腺癌発症を予防できる計算になるという。

 さらにPrice氏らは、6カ月時点の生検で前立腺癌が見つかった人については、試験開始時の生検で見逃した可能性もあると考え、開始時と6カ月時点で前立腺癌の認められなかった患者について、サブグループ解析を行った。その結果、12カ月時点で前立腺癌が見つかったのは、プラセボ群では17.4%だったのに対し、トレミフェン20mg群では9.1%に留まった(P<0.045)。なおこのサブグループ分析については、「6カ月時点で前立腺癌が見つかった人が、実際、試験開始時にその癌が見逃されたのかどうかは、全くわからない」とする、批判の声が上がっていた。(Andrew Ten Have・當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54