2005.05.16

【ASCO2005速報】 前立腺上皮内腫瘍に対するトレミフェン20mg投与で前立腺癌発症を有意に予防

 ハイグレードの前立腺上皮内腫瘍(prostatic intraepithelial neoplasia:PIN)が見つかった患者に対して、選択的エストロゲン受容体モジュレーターのトレミフェン20mgを投与することで、1年後の前立腺癌の発症率を有意に減らす効果があることがわかった。米Regional Urology(ロサンゼルス)のDavid Price氏らが、第2相後期臨床試験の結果明らかにしたもので、5月14日の一般口演で発表した。

 これまでの研究から、ハイグレードPINの認められた人の30%以上で、1年以内に前立腺癌を発症すると考えられているが、PINの効果的な治療法はないのが現状だという。Price氏らの研究グループは、ハイグレードPINが認められ、前立腺癌が見られない514人を4群に分け、トレミフェン20mg、40mg、60mg、プラセボを、それぞれ1日1回投与した。追跡中、6カ月後と12カ月後に生検を行った。

 その結果、12カ月後に前立腺癌の診断を受けたのは、プラセボ群では31.2%だったのに対し、トレミフェン20mgでは24.4%だった(p=0.048)。これは、ハイグレードPIN患者100人につき、1年で6.8人の前立腺癌発症を予防できる計算になるという。

 さらにPrice氏らは、6カ月時点の生検で前立腺癌が見つかった人については、試験開始時の生検で見逃した可能性もあると考え、開始時と6カ月時点で前立腺癌の認められなかった患者について、サブグループ解析を行った。その結果、12カ月時点で前立腺癌が見つかったのは、プラセボ群では17.4%だったのに対し、トレミフェン20mg群では9.1%に留まった(P<0.045)。なおこのサブグループ分析については、「6カ月時点で前立腺癌が見つかった人が、実際、試験開始時にその癌が見逃されたのかどうかは、全くわからない」とする、批判の声が上がっていた。(Andrew Ten Have・當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:177
  2. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:539
  3. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:319
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:112
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:65
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  7. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  8. 第7次医療計画の作成指針案が了承 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:2
  9. インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:228
  10. ニボルマブは進行胃癌の3次治療として有効【ASC… 日経メディカルOncologyニュース FBシェア数:31