2005.05.16

【ASCO2005速報】 前立腺上皮内腫瘍に対するトレミフェン20mg投与で前立腺癌発症を有意に予防

 ハイグレードの前立腺上皮内腫瘍(prostatic intraepithelial neoplasia:PIN)が見つかった患者に対して、選択的エストロゲン受容体モジュレーターのトレミフェン20mgを投与することで、1年後の前立腺癌の発症率を有意に減らす効果があることがわかった。米Regional Urology(ロサンゼルス)のDavid Price氏らが、第2相後期臨床試験の結果明らかにしたもので、5月14日の一般口演で発表した。

 これまでの研究から、ハイグレードPINの認められた人の30%以上で、1年以内に前立腺癌を発症すると考えられているが、PINの効果的な治療法はないのが現状だという。Price氏らの研究グループは、ハイグレードPINが認められ、前立腺癌が見られない514人を4群に分け、トレミフェン20mg、40mg、60mg、プラセボを、それぞれ1日1回投与した。追跡中、6カ月後と12カ月後に生検を行った。

 その結果、12カ月後に前立腺癌の診断を受けたのは、プラセボ群では31.2%だったのに対し、トレミフェン20mgでは24.4%だった(p=0.048)。これは、ハイグレードPIN患者100人につき、1年で6.8人の前立腺癌発症を予防できる計算になるという。

 さらにPrice氏らは、6カ月時点の生検で前立腺癌が見つかった人については、試験開始時の生検で見逃した可能性もあると考え、開始時と6カ月時点で前立腺癌の認められなかった患者について、サブグループ解析を行った。その結果、12カ月時点で前立腺癌が見つかったのは、プラセボ群では17.4%だったのに対し、トレミフェン20mg群では9.1%に留まった(P<0.045)。なおこのサブグループ分析については、「6カ月時点で前立腺癌が見つかった人が、実際、試験開始時にその癌が見逃されたのかどうかは、全くわからない」とする、批判の声が上がっていた。(Andrew Ten Have・當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176