2005.05.13

抗酸化物質ケルセチンの吸収率が配糖体化で大幅向上、 血中抗酸化活性もアップ、サントリーが確認

 サントリーは5月12日、たまねぎに多く含まれるポリフェノールの一種である「ケルセチン」にグルコースを結合させた配糖体が、ケルセチンに比べて経口摂取時の体内吸収率が120倍と大幅に高く、血中の抗酸化活性を増加させる作用があることを確認したと発表した。

 ケルセチン自体は強い抗酸化活性を持つが、脂溶性で経口摂取した場合の吸収性はあまり高くない。そこで同社では水溶性を高める目的で、酵素を用いてケルセチンにグルコース1〜8個を結合させた配糖体の混合物と、ケルセチン配糖体の一種でケルセチンにグルコースをβ結合させたイソクエルシトリンを用意し、動物実験で吸収性と血中抗酸化活性に及ぼす影響を調べた。

 一晩絶食したSDラットを3群に分け、ケルセチン、イソクエルシトリン、ケルセチン配糖体混合物を経口投与し、血中のケルセチンと主要代謝物の濃度から求めた体内吸収率で比較したところ、ケルセチン配糖体の体内吸収率は、イソクエルシトリンの約2.8倍、ケルセチンの120倍と大幅に高いことが分かった。血中の抗酸化活性も投与後、数時間にわたって配糖体の方が顕著に高かったという。同社はこの研究成果を5月14日と15日に東京で開催される日本栄養・食糧学会大会で報告する。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アロハに仮装…あえて道化を演じる病院長の思い 記者リポート FBシェア数:244
  2. 労基署に踏み込まれる前に医療界がすべきこと 全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏に聞く FBシェア数:653
  3. 肺野陰影の濃度差はなぜ生じるのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  4. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) FBシェア数:81
  5. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:23
  6. ARB:アジルバ躍進、オルメテック抜き首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  7. 画像の異常所見は肉眼でも見てみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:0
  8. 「骨盤矯正」「肩甲骨剥がし」って何なんだ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:773
  9. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:42
  10. 72歳女性。左下肢痛、何を想起すべき? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:2