2005.05.12

大手チェーンの実力。日調、クオール、アインのここがスゴイ!−−日経DIの特集

最新号表紙画像 今日の医薬分業を語る上で、もはや無視できない大手薬局チェーン。勢力の拡大ばかりが目につくが、薬局の質的向上にも相当の努力を払っている。日本調剤の「IT活用」、クオールの「人にやさしい店舗づくり」、アインファーマシーズの「調剤過誤防止策」−−。最近とみに注目されている3社が現在重視している取り組みについて、その狙いや具体的内容、効果をリポートする。

 日経ドラッグインフォメーション5月号の特集は、「大手チェーンの実力。日調、クオール、アインのここがスゴイ!」です。このほかの主な内容は下記の通り。

リポート
 広まり始めた「一般名処方」、薬剤師の説明が後発品選択の決め手に

 医療機関の間で一般名処方せんを発行する動きが活発になっている。関西では昨年以降、四つの大型病院が相次いで一般名処方を開始。関東でも、複数の大型病院が一般名処方を始めた。このような動きを受け、「薬を選べる」「安く済む」などの利点を患者にアピールし集患につなげようと、後発品の説明と備蓄に力を入れる薬局も出てきた。

DIクイズ:服薬指導−1
 コエンザイムQ10と相性の良い薬剤とは

DIクイズ:服薬指導−2
 ステロイド剤の副作用を心配する透析患者

DIクイズ:服薬指導−3
 最も速く効くトリプタン系薬剤は

DIクイズ:疑義照会
 吸入ステロイド剤使用中に出された抗真菌剤

 詳しくは、日経ドラッグインフォメーション5月号(5月10日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正