2005.05.10

【裁かれたカルテ】 不妊治療を受けていた患者が卵巣癌で死亡 2つの鑑定が対峙、早期発見は無理と医師の過失否定

 不妊治療を受けていた患者が卵巣癌で死亡した。遺族は、担当医師が卵巣の異常に気づかず、卵巣癌を疑うべき腫瘤が発見された後も適切な検査を実施しなかったとして5500万円余の損害賠償を求めた。提訴から6年、裁判所は、「早期発見は無理」と医師の過失を否定し、原告の訴えを退けた。この裁判では2つの結論が違う鑑定が対峙。判決では、日本超音波医学会診断基準委員会が作成した卵巣腫瘍のエコーパターン分類の使用法を誤っているなどとして、過失ありとする鑑定を採用しなかった。

■事件の経過
     
 患者Aさんは、ある総合病院産婦人科で不妊治療を受け、1991年には第1子が誕生した。その後、1992年に不正出血に関する診断と子宮癌検診を受けるために被告病院を初めて受診。1993年に被告病院で子宮癌検診を受けたとき、被告B医師に対してもう1人子どもが欲しいと相談し、その年の暮れぐらいから不妊治療が開始された。当初はほぼ月に1、2回の割合で、後には月に4、5回の割合で通院。この間、不妊治療として通気法、通水法、胎盤性性腺刺激ホルモン(HCG)・下垂体性性腺刺激ホルモン(HMG)の注射による投与、人工授精が施され、十数回にわたって超音波検査が行われた。なお、この間、Aさんは、被告B医師から卵巣に関して異常を指摘されたことはなかった。

 Aさんは、1996年2月24日と26日に被告病院を受診したとき、被告B医師に対し、同月18日ころから下腹部が痛く、頻尿で、残尿感があること、便秘気味であり、おりものに臭いがすることなどの身体の変調を訴え出た。同年3月1日に被告病院を受診したときには、近隣の県立病院へ転院することを伝えた。そこで被告B医師は、県立病院への紹介状を作成。紹介状には、診断として「続発性不妊症、子宮筋腫」、診断の根拠として「子宮体部鶏卵大であったのが、ここ数カ月急速に増大(超手拳大)。子宮筋腫と思います」、診断に基づく施術として「挙児希望と相まって、核手術を希望しています」などと記載されていた。

 Aさんは同年3月4日に県立病院を受診した。診察した産婦人科部長のE医師は卵巣腫瘤の疑いを持ち、腫瘍マーカーの検査とMRI検査の必要があったのでAさんを総合病院に転送し、検査を受けさせた。

 同月13日、Aさんは、県立病院で手術を受け卵巣癌と診断され、人工肛門が造設された。また、Aさんの卵巣癌の組織型は漿液性腺癌で、そのステージはIIIC期と診断された。
 
 その後、治療が施されたが、Aさんは、1997年2月、県立病院で卵巣癌により死亡した(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176