2005.05.09

三菱自動車、アレルゲン除去型エアコン搭載車を世界に先駆けて発売

 三菱自動車と三菱重工は、花粉やダニなどのアレルゲンを分解・抑制するカーエアコン用フィルターを開発した。5月中旬に三菱自動車が発売する普通自動車「コルト」や「eKワゴン」など軽自動車の特別仕様車に搭載する。カーエアコン用フィルターでアレルゲンを分解・抑制できる製品は世界初だという。

 特別仕様車に採用するフィルターは、三菱重工が2003年に住宅用エアコン用に開発した「アレルゲンクリアフィルター」を、三菱自動車と三菱重工が共同で改良したもの。アレルゲンクリアフィルターに付着した花粉やダニの死骸などのアレルゲンは尿素と酵素により分解・抑制され、アレルギーを起こさないようになる。

 従来のカーエアコン用フィルターでは、花粉やダニなどのアレルギーの原因となる成分を分解・抑制できなかった。アレルゲンクリアフィルターの改良品では、花粉の場合、使用条件によっては約85%を分解・抑制できるという。

 カーエアコンでは、エンジンや走行による振動によって、フィルターに付着したアレルゲンが脱落しやすいうえ、著しい高温や低温など過酷な環境にさらされる。チリやホコリなどによる目詰まりのリスクも高い。三菱自動車と三菱重工は、フィルター用濾材を3層構造にすることで、アレルゲンの脱落や目詰まりを抑えた。アレルゲンクリアフィルターの寿命は、使用条件にもよるがおよそ2年。ほぼ車検ごとに交換すればよい。

 今後は、通常の車種にもアレルゲンクリアフィルターを搭載していく予定という。特別仕様車の詳細は5月17日に発表される。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256