2005.05.09

三菱自動車、アレルゲン除去型エアコン搭載車を世界に先駆けて発売

 三菱自動車と三菱重工は、花粉やダニなどのアレルゲンを分解・抑制するカーエアコン用フィルターを開発した。5月中旬に三菱自動車が発売する普通自動車「コルト」や「eKワゴン」など軽自動車の特別仕様車に搭載する。カーエアコン用フィルターでアレルゲンを分解・抑制できる製品は世界初だという。

 特別仕様車に採用するフィルターは、三菱重工が2003年に住宅用エアコン用に開発した「アレルゲンクリアフィルター」を、三菱自動車と三菱重工が共同で改良したもの。アレルゲンクリアフィルターに付着した花粉やダニの死骸などのアレルゲンは尿素と酵素により分解・抑制され、アレルギーを起こさないようになる。

 従来のカーエアコン用フィルターでは、花粉やダニなどのアレルギーの原因となる成分を分解・抑制できなかった。アレルゲンクリアフィルターの改良品では、花粉の場合、使用条件によっては約85%を分解・抑制できるという。

 カーエアコンでは、エンジンや走行による振動によって、フィルターに付着したアレルゲンが脱落しやすいうえ、著しい高温や低温など過酷な環境にさらされる。チリやホコリなどによる目詰まりのリスクも高い。三菱自動車と三菱重工は、フィルター用濾材を3層構造にすることで、アレルゲンの脱落や目詰まりを抑えた。アレルゲンクリアフィルターの寿命は、使用条件にもよるがおよそ2年。ほぼ車検ごとに交換すればよい。

 今後は、通常の車種にもアレルゲンクリアフィルターを搭載していく予定という。特別仕様車の詳細は5月17日に発表される。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97