2005.05.09

処方薬の消費者向け広告、抗うつ薬の処方不足を是正し、適切なケアを促す可能性

 米国で行われている処方薬の消費者向け直接広告(DTC)が、抗うつ薬について、処方不足を是正する可能性がある。また、患者が薬に関する要求をした方が、専門医への紹介などを含め、初診時により適切なケアを受けられる可能性が増えるという。これは、米California大学Davis校のRichard L. Kravitz氏が、米国立衛生研究所(NIH)の助成を受けて行った研究の結果で、Journal of American Medical Association(JAMA)誌2005年4月27日号で発表した。DTCについては、薬の過剰投与につながるといった批判もあるが、一方で患者にとって良い効果をもたらす場合もあるようだ。

Kravitz氏らは、プロの俳優などに訓練を施した疑似患者(standardized patients )18人を採用、カリフォルニア州内3都市の152人の医師に対し、計298回の“受診”を試みた。うつ病を装ったグループと、うつ状態を伴う適応障害を装ったグループをそれぞれ3群、計6群に分けた。1群の想定患者は診察時に、特定ブランドの抗うつ薬について、服用すべきかどうかを医師に質問した。2群の想定患者は、ブランド名を挙げず、一般的な抗うつ薬の服用について尋ねた。3群の想定患者は、抗うつ薬に関しては自分から質問しなかった。

 その結果、うつ病を装った患者で、抗うつ薬の処方を受けた割合は、一般的な抗うつ薬の質問をした群が最も高く76%、次いでブランド名を挙げた群が53%、薬について質問しなかった群が31%だった(p<0.001)。また、診療ガイドラインでうつ病の初診時の適切なケアとして定められた、(1)抗うつ薬の処方、(2)より専門的な精神衛生ケア施設への紹介、(3)2週間以内の再診――のいずれかを受けた患者の割合についても調べた。こうした適切なケアを受けた患者の割合は、一般的な抗うつ薬の質問をした群が最も高く98%、ブランド名を挙げた群が90%、抗うつ薬について質問しなかった群が56%と最も低かった。

 一方、うつ状態を伴う適応障害を装った患者では、抗うつ薬を処方された割合は、ブランド名を挙げた群が55%、一般的な抗うつ薬の質問をした群が39%、抗うつ薬について質問しなかった群が10%だった(p<0.001)。

 研究グループは、こうした結果を基に、うつ病とうつ状態を伴う適応障害では、DTCは抗うつ薬の過剰投与を促す一方で、処方不足を予防する可能性がある、としている。

 本論文の原題は「Influence of Patients’ Requests for Direct-to-Consumer Advertised Antidepressants」、アブストラクトはこちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:88
  3. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:121
  4. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:3
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:10
  6. 探してます。自然な理由を 病院珍百景 FBシェア数:15
  7. 高齢者の結核に要注意、フレイルは治療のリスク 学会トピック◎第60回日本老年医学会学術集会 FBシェア数:39
  8. 麻疹で困っている、知りたい、気になることは? ソーシャルネットワークでAMRに挑む FBシェア数:13
  9. ムコイド型耐性肺炎球菌に新たな耐性菌が 学会トピック◎第92回日本感染症学会・第66回日本化学療法学会 FBシェア数:20
  10. どうして今さら訪問看護!? ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:42
医師と医学研究者におすすめの英文校正