2005.05.09

CDCがディートに加えユーカリオイルとpicaridinを長時間効果のある虫よけ剤に追加

 米国疾病対策センター(CDC)は4月28日、虫よけ剤の使用に関する指針を改め、長時間にわたって蚊をよせつけない効果があるものとして、これまでのディート(ジエチルトルアミド)に加え、レモンユーカリオイルとpicaridinを認めた。これまでの研究結果から、それぞれディート入りの虫よけ剤に近い効果が確認されたという。CDCでは、効果の認められた虫よけ剤の選択肢が増えたことで、使用が促進され、西ナイルウイルスへの感染予防対策が進むと期待している。

 CDCによると、picaridin入りの虫よけ剤は、ディートを同程度の濃度含んだものと比較して、同等の効果があるとしている。ユーカリオイル入りの虫よけ剤は、低濃度のディートを含む虫よけ剤に近い効果があるという。

 CDCでは、西ナイルウイルスをはじめとする、蚊を媒介とした感染症を警戒している。CDCのJulie L. Gerberding氏は、「ディート、picaridin、レモンユーカリオイルのいずれかを含む製品はどれも非常に良い選択だ」とし、外出時には虫よけ対策を忘れずにすることが重要だ、と語った。

 詳しくはCDCのニュースリリースを参照。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1