2005.05.06

小児医療事故の現状、インシデントレポートの分析から

 日常診療で発生する事故の芽を把握し、その原因を分析、解決策を検討することは医療の安全対策上、とても重要なことだ。そのため各医療機関で取り組まれているのが、インシデントレポートの分析。今回は先月開催された日本小児科学会のシンポジウム「小児医療と安全対策」から、大阪府立母子保健総合医療センターの藤村正哲氏(写真)の発表を紹介したい。

 大阪府立母子保健総合医療センターでは、最近1年間のインシデントレポートの報告件数は1169件に上る。看護師からのものが84%でもっとも多く、医師6%、薬剤師2%、検査技師3%、放射線技師1%などとなっている。

 藤村氏によると、インシデント・アクシデントの発生時刻は、日中業務の時間帯に増加し、夜間は20〜40件の間で推移していた。日中は、7時台35件、8時台35件から始まり、9時台58件、10時台74件、11時台87件、12時台98件と上昇、いったん13時台に81件と減少するが、14時台91件、15時台80件と上下し、16時台に100件とピークに達していた。その後は、17時台65件、18時台58件、19時台59件、20時台49件と減少していた。

 インシデント・アクシデントの種類で多いのは、「IV/IVH」「検査」「栄養」「内服薬」だった。
 
 それぞれについてエラーの内容と主原因を分析しているが、たとえば点滴エラーは、ライン管理が24%、速度が23%、種類エラーが14%、投与方法が13%、数量エラーが10%、投与忘れが7%などだった。

 点滴エラーの主原因は、手順無視が23%でもっとも多く、指示受けミスが20%、判断ミスが17%、知識不足が15%、観察不足が11%、指示ミスが5%などだった(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:60
  2. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:119
  3. 80歳代女性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  6. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:3
  7. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:80
  8. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
  9. 集約化を進めれば地域の産科医療は崩壊する シリーズ◎産科診療所での無痛分娩は是か非か FBシェア数:57
  10. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:179