2005.04.28

東京大が公開講座「臨床ゲノム科学入門」を6月開講

 東京大学大学院医学系研究科クリニカルバイオインフォマティクス研究ユニットは、2005年度専門講座として、6〜7月に開講する「臨床ゲノム科学入門」の受講者募集を開始した。ゲノム科学の基礎と、臨床分野への応用の現状などを習得できる。遺伝情報の統計学的取り扱いとゲノム情報の臨床へのインパクトに力点を置くという。募集要項と講義の概要は次のとおり。

開講期間:6月7日〜7月26日(火曜日に開講)
開講時間:18時〜21時
会場:東京大学医学部臨床講堂(東京大学本郷キャンパス)
費用:教材費として一括3万円を徴収(東京大学の学生を除く)
申込期間:4月26日〜5月10日
評価:試験と出席で評価する。
プログラム:
6月7日:疾患の遺伝学的基礎、遺伝現象を扱うために必要な統計学
6月14日:集団遺伝学の基礎、疾患感受性遺伝子探索−連鎖解析
6月21日:ヒトゲノム疫学、ふたご研究の可能性と展望
6月28日:疾患感受性遺伝子探索−関連分析、遺伝子多型解析法の進展
7月5日:全身性エリテマトーデスのゲノム医科学、神経疾患のゲノム医科学
7月12日:糖尿病のゲノム医科学、循環器疾患のゲノム医科学
7月19日:個人情報と知的財産、ゲノムデータベースの現状
7月26日:ヒトゲノム研究の動向

 受講者募集の詳細についてはこちらのWebサイトを参照。(中沢真也)

*セミナーやイベントは予定が変更されることがあります。参加される場合は、必ず最新の主催者側情報をご確認の上、お出かけください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256