2005.04.27

処方せんを読む◇正常眼圧緑内障に出された2種類の点眼剤(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年4月号から、「処方せんを読む◇正常眼圧緑内障に出された2種類の点眼剤」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 45歳の男性Sさんが、眼科診療所を受診した帰り道に薬局を訪れました。病状を確認すると、Sさんは次のような質問をしました。
 
 最近、何となく物が見えにくい感じがしていたため、眼科に行き検査をしてもらいました。その結果、先生から正常眼圧緑内障という病気だと言われました。目薬を2種類使うように言われたのですが、眼圧が正常なのになぜ2種類も薬が必要なのですか。私の目の具合はそんなにひどいのでしょうか。

■処方せん
(1) チモプトール0.5% 5mL
(2)
デタントール0.01%点眼液 5mL
    1日2回 朝夕 両眼に点眼

Q1 Sさんに、β遮断剤のチモプトール(一般名:マレイン酸チモロール)と併せて、デタントール点眼液(一般名:塩酸ブナゾシン)が処方されたのは、次のうちどの作用を主に期待したからと考えられるか。

(1) 散瞳による眼圧降下作用
(2) 血管収縮抑制による眼内血流量増加作用
(3) α受容体遮断による眼圧降下作用
(4) プロスタグランジンF2α誘導による視神経保護作用

Q2 正常眼圧緑内障では眼圧が正常であっても治療が必要なのはなぜか。

 答えは本誌2005年4月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43