2005.04.27

処方せんを読む◇正常眼圧緑内障に出された2種類の点眼剤(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年4月号から、「処方せんを読む◇正常眼圧緑内障に出された2種類の点眼剤」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 45歳の男性Sさんが、眼科診療所を受診した帰り道に薬局を訪れました。病状を確認すると、Sさんは次のような質問をしました。
 
 最近、何となく物が見えにくい感じがしていたため、眼科に行き検査をしてもらいました。その結果、先生から正常眼圧緑内障という病気だと言われました。目薬を2種類使うように言われたのですが、眼圧が正常なのになぜ2種類も薬が必要なのですか。私の目の具合はそんなにひどいのでしょうか。

■処方せん
(1) チモプトール0.5% 5mL
(2)
デタントール0.01%点眼液 5mL
    1日2回 朝夕 両眼に点眼

Q1 Sさんに、β遮断剤のチモプトール(一般名:マレイン酸チモロール)と併せて、デタントール点眼液(一般名:塩酸ブナゾシン)が処方されたのは、次のうちどの作用を主に期待したからと考えられるか。

(1) 散瞳による眼圧降下作用
(2) 血管収縮抑制による眼内血流量増加作用
(3) α受容体遮断による眼圧降下作用
(4) プロスタグランジンF2α誘導による視神経保護作用

Q2 正常眼圧緑内障では眼圧が正常であっても治療が必要なのはなぜか。

 答えは本誌2005年4月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051