2005.04.27

処方せんを読む◇ジスロマックの用法・用量は適切か(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年4月号から、「処方せんを読む◇ジスロマックの用法・用量は適切か」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 22歳の女性Mさんが、総合病院からの処方せんを持って薬局を訪れました。今回処方された薬剤の服用法を説明していると、Mさんは次のような質問をしました。

 そういえば、このジスロマックという薬はこの前、かぜをこじらせたときにも飲みました。でも、その時は2錠ずつ3日間飲むと7日間効き目が続く薬だと説明されました。今の「一度に4錠を1日だけ飲む」という薬剤師さんの説明は間違っていませんか。それとほかの薬局でもらった片頭痛の薬を飲んでいるのですが、飲み合わせに注意するよう言われた記憶があります。大丈夫ですか。

■処方せん
(1) ジスロマック錠250 4錠
    1日1回 夜 1日分
*この患者には、内科診療所からカフェルゴットが処方されている。


Q Mさんへの対応として、適切なのは次のうちどれか。

(1) ジスロマック(一般名:アジスロマイシン)の用法・用量の指示が誤っている可能性が高い。しかも、ジスロマックとカフェルゴット(一般名:酒石酸エルゴタミン)との併用は禁忌となっているため、疑義照会する。

(2) ジスロマックは性感染症の治療の場合、1000mgの単回投与となるため、処方せんの指示は正しい。ただし、ジスロマックとカフェルゴットとの併用は禁忌となっているため、疑義照会する。

(3) ジスロマックは性感染症の治療の場合、1000mgの単回投与となるため、処方せんの指示は正しい。ジスロマックとカフェルゴットとの併用も問題ないため、指示通りの服用を指導する。

 答えは本誌2005年4月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256