2005.04.27

処方せんを読む◇ジスロマックの用法・用量は適切か(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年4月号から、「処方せんを読む◇ジスロマックの用法・用量は適切か」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 22歳の女性Mさんが、総合病院からの処方せんを持って薬局を訪れました。今回処方された薬剤の服用法を説明していると、Mさんは次のような質問をしました。

 そういえば、このジスロマックという薬はこの前、かぜをこじらせたときにも飲みました。でも、その時は2錠ずつ3日間飲むと7日間効き目が続く薬だと説明されました。今の「一度に4錠を1日だけ飲む」という薬剤師さんの説明は間違っていませんか。それとほかの薬局でもらった片頭痛の薬を飲んでいるのですが、飲み合わせに注意するよう言われた記憶があります。大丈夫ですか。

■処方せん
(1) ジスロマック錠250 4錠
    1日1回 夜 1日分
*この患者には、内科診療所からカフェルゴットが処方されている。


Q Mさんへの対応として、適切なのは次のうちどれか。

(1) ジスロマック(一般名:アジスロマイシン)の用法・用量の指示が誤っている可能性が高い。しかも、ジスロマックとカフェルゴット(一般名:酒石酸エルゴタミン)との併用は禁忌となっているため、疑義照会する。

(2) ジスロマックは性感染症の治療の場合、1000mgの単回投与となるため、処方せんの指示は正しい。ただし、ジスロマックとカフェルゴットとの併用は禁忌となっているため、疑義照会する。

(3) ジスロマックは性感染症の治療の場合、1000mgの単回投与となるため、処方せんの指示は正しい。ジスロマックとカフェルゴットとの併用も問題ないため、指示通りの服用を指導する。

 答えは本誌2005年4月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43