2005.04.26

生命保険担保に有老ホーム入居一時金を賄う リバース・モーゲージで調達する仕組みが近々登場

 神奈川県内などで有料老人ホーム「ヒルデモア」を5施設運営する横浜市港北区のサミュエルは、資産はあるが入居一時金の現金支払いが難しい入居希望者向けに、終身生命保険を担保とするリバース・モーゲージのスキームを開発中だ。

 リバース・モーゲージは通常、不動産などの資産を担保に融資を行い、死亡時に資産を売却し一括返済する仕組み。しかし、なかなか普及していないのが実情だ。不動産の場合、デフレリスクによる担保割れなどもマイナス要素と言われている。

 サミュエルのスキームでは、入居者は入居一時金後払いの入居契約をし、この入居一時金債権を元本に準金銭消費貸借契約を結び、生命保険を担保として提供する。死亡時には生命保険金を原資に一括返済する。

 これまでにない事業スキームのため課題は多いが、サミュエルでは既にこの事業のビジネスモデル特許を出願中。1、2年後をメドに、同社のホームだけでなく、提携する他社のホームにおいても、入居一時金の支払いにリバース・モーゲージの仕組みを導入したいとしている。詳細は「日経ヘルスケア21」5月号の特集「激変!有料老人ホーム」を参照されたい。(千田敏之、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13