2005.04.25

【日本リウマチ学会2005ダイレクトから】 4月17〜22日に最も読まれた記事は、「投与患者の1.2%が間質性肺炎を発症、6割近くが死亡 レフルノミドによる肺障害:学会調査委が初の詳細報告」

 日本リウマチ学会で注目の発表をご紹介している「第49回日本リウマチ学会総会・学術集会ダイレクト」で、4月17〜22日に最も読まれた記事は、「投与患者の1.2%が間質性肺炎を発症、6割近くが死亡 レフルノミドによる肺障害:学会調査委が初の詳細報告」でした。以下に、注目度ランキングを掲載します。どうぞご活用ください。(MedWave編集部)

第1位  投与患者の1.2%が間質性肺炎を発症、6割近くが死亡、レフルノミドによる肺障害:学会調査委が初の詳細報告

第2位  RA骨粗鬆症の骨折予防にはアレンドロネート、リセドロネートが有効

第3位  RAの骨折、「疼痛あるが単純X線上異常なし」が36%、日常動作による脆弱性骨折が7割占める

第4位  リウマチに関する医療費は年々増加、だが積極的な治療は長期的に医療費削減につながりうる

第5位  MRIと血清マーカーを組み合わせた基準案、早期関節リウマチの鑑別診断に有用

第6位  レフルノミドの肺障害、早期発見のポイント 呼吸器症状・発熱・リンパ球減少・CRP再上昇に要注意

第7位  日本リウマチ学会賞など、6つの賞の受賞者決まる

第8位  MTX抵抗性多関節型若年性関節リウマチに、エタネルセプトの短期的投与が有効

第9位  70歳以上で発症した関節リウマチの特徴が明らかに

第10位  関節リウマチを疑うが診断基準を満たさないとき、抗CCP抗体陽性であれば抗リウマチ薬治療を開始すべき


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 毎日が帯状疱疹!?チョロい疾患と侮るなかれ 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:138
  2. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:404
  3. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:354
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 介護放棄を「殺人」と断罪できるか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:181
  6. 一足早く知りたい? 2018改定の注目点はココ! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  7. 心停止時にこそ分かる医師と患者の信頼関係 リポート◎見込みのない心肺蘇生を回避するには(後編) FBシェア数:174
  8. リード不要、心室に留置するペースメーカー登場 トレンド◎心臓ペーシング治療、新時代 FBシェア数:650
  9. 新専門医制度のQ&A集を機構が公開 NEWS FBシェア数:4
  10. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:164