2005.04.25

4月17〜22日に最も読まれた記事は、「投与患者の1.2%が間質性肺炎を発症、6割近くが死亡 レフルノミドによる肺障害:学会調査委が初の詳細報告」でした

 日本リウマチ学会で注目の発表をご紹介している「第49回日本リウマチ学会総会・学術集会ダイレクト」で、4月17〜22日に最も読まれた記事は、「投与患者の1.2%が間質性肺炎を発症、6割近くが死亡 レフルノミドによる肺障害:学会調査委が初の詳細報告」でした。以下に、注目度ランキングを掲載します。どうぞご活用ください。(MedWave編集部)

第1位  投与患者の1.2%が間質性肺炎を発症、6割近くが死亡、レフルノミドによる肺障害:学会調査委が初の詳細報告

第2位  RA骨粗鬆症の骨折予防にはアレンドロネート、リセドロネートが有効

第3位  RAの骨折、「疼痛あるが単純X線上異常なし」が36%、日常動作による脆弱性骨折が7割占める

第4位  リウマチに関する医療費は年々増加、だが積極的な治療は長期的に医療費削減につながりうる

第5位  MRIと血清マーカーを組み合わせた基準案、早期関節リウマチの鑑別診断に有用

第6位  レフルノミドの肺障害、早期発見のポイント 呼吸器症状・発熱・リンパ球減少・CRP再上昇に要注意

第7位  日本リウマチ学会賞など、6つの賞の受賞者決まる

第8位  MTX抵抗性多関節型若年性関節リウマチに、エタネルセプトの短期的投与が有効

第9位  70歳以上で発症した関節リウマチの特徴が明らかに

第10位  関節リウマチを疑うが診断基準を満たさないとき、抗CCP抗体陽性であれば抗リウマチ薬治療を開始すべき


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95