2005.04.25

【日本リウマチ学会2005速報】 全身性若年性特発性関節炎に有望な新治療薬の登場間近

 これまで、ステロイドや非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)による対症的な治療法しかなかった原因不明の持続的な炎症性疾患である全身性若年性特発性関節炎(JIA)に、画期的な治療薬が登場するかもしれない。横浜市立大学小児科教授の横田俊平氏が、4月19日のポスターディスカッションで、トシリズマブを用いた第2相試験の結果を報告した。

 トシリズマブは、ヒト化抗IL-6レセプターモノクローナル抗体。炎症反応にかかわるサイトカインの一つ、IL-6の受容体をブロックし、炎症反応を抑える作用がある。小児のJIAは、IL-6の調節機能の異常による過剰なIL-6が発症に深く関与していることが明らかになっているため、効果が期待されている。

 対象者は、ステロイドや免疫抑制剤などによる治療では十分な効果がみられなかった2〜19歳の11例の小児患者(男児8例、女児3例)。まず全員にトシリズマブ2mg/kgを投与し、疾患の活動性に変化がみられなかった(判定基準はCRP>1.5mg/dL)8例は4mg/kgに増量、それでも変化がみられなかった3例は8mg/kgに増量し、全員に計3回の投与を行った。

 その結果、全例ともに1〜3日程度で発熱はなくなり、CRPも赤血球沈降速度(ESR)も、全員が約1カ月で正常化した。関節炎の症状も全例で消失した。症状の改善度合いを示すJIA core set評価でも、70%の改善が全体の63.5%を占め、50%の改善が全体の約9割に達した。一方、有害事象は、上気道感染症2人、急性腸炎1人、皮下膿瘍3人だった。

 横田氏は、「現在、投与量を8mg/kgとして、第3相試験を進めているところ。これまで重篤な副作用はみられず、新しい治療薬として期待が高まっている」としている。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0