2005.04.25

【日本リウマチ学会2005速報】 日本の線維筋痛症は、疲労と抑うつが他国より強い傾向

 原因不明の全身的な慢性疼痛が特徴の「線維筋痛症」。骨や関節に異常所見はないため、心因性の病気と疑われることもあり、確定診断されにくい。整形外科の専門医でさえ、3割程度しかこの病気をきちんと認識していないとされている。

 これまで、日本国内での患者数など、その疫学像は全く明らかになっていなかった。このため、厚生労働科学特別研究「線維筋痛症の実態調査に基づいた疾患概念の確立に関する研究班」(班長:聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター長の西岡久寿樹氏)により、全国疫学調査が実施された。この詳細な結果を、3日目のワークショップで山梨県立看護大学短期大学部人間・健康科学の松本美富士氏が発表した。

 2003年の1年間に医療機関を受診した患者は2670人、男女比は1対4.6で女性が多く、平均年齢は52.3歳。診療科の受診数は平均2.9(1〜16)となった。臨床症状は頭痛、膝や肘など各部の関節痛、筋肉の広範囲の痛み、睡眠障害など、欧米諸国で既に報告されているものと変わらなかった。ただし、疲労感や抑うつが、欧米諸国よりも高頻度にみられる傾向にあったという。

 松本氏は、「疲労感や抑うつは、患者のQOLや日常生活動作(ADL)に悪影響を与える可能性がある。日本の線維筋痛症患者は、他の国に比べると、より重症感が強いと言えるかもしれない」と強調し、医師に対する啓発活動の重要性を指摘していた。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130