2005.04.25

【日本リウマチ学会2005速報】 日本の線維筋痛症は、疲労と抑うつが他国より強い傾向

 原因不明の全身的な慢性疼痛が特徴の「線維筋痛症」。骨や関節に異常所見はないため、心因性の病気と疑われることもあり、確定診断されにくい。整形外科の専門医でさえ、3割程度しかこの病気をきちんと認識していないとされている。

 これまで、日本国内での患者数など、その疫学像は全く明らかになっていなかった。このため、厚生労働科学特別研究「線維筋痛症の実態調査に基づいた疾患概念の確立に関する研究班」(班長:聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター長の西岡久寿樹氏)により、全国疫学調査が実施された。この詳細な結果を、3日目のワークショップで山梨県立看護大学短期大学部人間・健康科学の松本美富士氏が発表した。

 2003年の1年間に医療機関を受診した患者は2670人、男女比は1対4.6で女性が多く、平均年齢は52.3歳。診療科の受診数は平均2.9(1〜16)となった。臨床症状は頭痛、膝や肘など各部の関節痛、筋肉の広範囲の痛み、睡眠障害など、欧米諸国で既に報告されているものと変わらなかった。ただし、疲労感や抑うつが、欧米諸国よりも高頻度にみられる傾向にあったという。

 松本氏は、「疲労感や抑うつは、患者のQOLや日常生活動作(ADL)に悪影響を与える可能性がある。日本の線維筋痛症患者は、他の国に比べると、より重症感が強いと言えるかもしれない」と強調し、医師に対する啓発活動の重要性を指摘していた。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54