2005.04.23

Q&A 刑事訴訟と民事訴訟の違いを教えてください

 第1回講義「刑法と民法はどう違うのか」で、刑事上の責任と民事上の責任の違いについて解説しました。今回は刑事訴訟と民事訴訟について、ポイントをまとめました(表参照)。

 刑事訴訟では、刑法に定められた業務上致死傷罪の有無が焦点となります。ここで「有罪」となった場合、「5年以下の懲役もしくは禁錮、または50万円以下の罰金」が科されます。

 また刑事訴訟では、警察官や検察官に「強制的な捜査」を行う権限があり、集めた証拠によって犯罪の有無が立証されます。

 一方、民事訴訟では、民法に基づき、損害賠償義務があるのかないのかが問われます。損害には、財産的な損害と精神的な損害があります。また、損害が認められる場合は、賠償すべき具体的な金額が問われます。

 訴訟では、患者側と医療側がまったく対等な立場に立っていることが基本です。その上で、双方が当事者として互いに集めた証拠をぶつけ合い、損害賠償義務の有無を争うことになります。

(まとめ;三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正