2005.04.22

経口血糖降下剤服用中のシックデイ対策(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年4月号から、「服薬指導」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 6歳の男性Yさんは糖尿病で数年前から薬物治療を受けています。Yさんの奥さんがご主人の処方せんを持って薬局を訪れ、投薬時に次のような質問をしました。

 主人が珍しくかぜを引いてしまって、熱が38℃も出てしまい、その上、胸がムカムカして、食欲もなく、多少下痢もしています。慌てて主治医の先生に診てもらったら、「シックデイの心配がありますから注意してください。糖尿病のお薬は、落ち着くまでダオニールだけにしましょう」と言われました。どうしてでしょうか。また、先生には食べやすい物をきちんと摂るように言われました。どういうものがいいですか。

■処方せん■
(1) フロモックス錠100mg 3錠
 1日3回毎食後 7日分
(2) ナウゼリン坐剤30 2個
  インダシン坐剤50 1個
    頓用 7日分
(3) ダオニール2.5mg 1錠
 1日1回朝食後 7日分
*前回まではダオニール(一般名:グリベンクラミド)のほか、メルビン(一般名:塩酸メトホルミン)、ベイスン(一般名:ボグリボース)が処方されていた。

Q1 糖尿病患者のシックデイ時の病態に関する説明として適切なものはどれか。
(1) インスリン分泌が促進され糖利用が亢進し、低血糖に陥りやすい。
(2) インスリン拮抗ホルモンの分泌が増加し、高血糖を来しやすい。
(3) 発汗や下痢、嘔吐などにより脱水を起こすと、高血糖性高浸透圧昏睡を誘発することがある。
(4) 糖質摂取が不足すると脂肪分解が促進され、ケトーシスを起こす危険性がある。

Q2 自宅療養における注意点として適切なものはどれか。
(1) 食欲がなく食事量が減っている場合は、服薬を中止する。
(2) おかゆ、煮込みうどん、半熟卵、プリンなどは消化によく食べやすい。
(3) 脱水を防ぐために、水分を十分に摂るようにする。
(4) 吐き気を抑えるために、水分の摂取を控える。

 答えは本誌2005年4月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127