2005.04.22

【日本リウマチ学会2005速報】 白血球除去療法は腸管ベーチェット病にも効果あり

 これまで、潰瘍性大腸炎やクローン病に対して有効との評価が確立している白血球除去療法(LCAP)が、難治性の腸管ベーチェット病に対する治療法としても有望である可能性が示された。国立国際医療センター膠原病科の長汐千秋氏が、4月19日のポスターディスカッションで1症例を報告した。

 患者は31歳の男性で、14歳時に腸管ベーチェット病を発症した。ステロイド、サラゾスルファピリジン、メサラジンなどによる治療によっても寛解を維持できず、再燃を繰り返していた。腸の広範囲の炎症による発熱、腹痛を来し、緊急入院となった。

 入院後、ステロイドの増量だけでは炎症反応は改善せず、メトトレキサートなどによる薬物治療も効果はなかった。このため、LCAPを実施したところ、1回目のLCAP後すぐに体温が平熱に戻り、腹痛も改善した。4日後には鎮痛薬の投与を中止できるなど、著明な効果がみられた。

 ただし、経口摂取を開始すると再び軽度の腹痛が出現、計5回のLCAPのうち、4回目以降は効果がやや落ちる傾向にあった。長汐氏は、「難治例で、現在まで2カ月寛解状態を保っているので有効と考えられる。LCAPの前後で白血球数やその分画を調べたところ、有効だった回では白血球数の増加と桿状核球の増加がみられた。今後、LCAPがなぜ効果を示したか、作用機序を検討したい」としていた。(小又理恵子)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466