2005.04.22

【日本リウマチ学会2005速報】 白血球除去療法は腸管ベーチェット病にも効果あり

 これまで、潰瘍性大腸炎やクローン病に対して有効との評価が確立している白血球除去療法(LCAP)が、難治性の腸管ベーチェット病に対する治療法としても有望である可能性が示された。国立国際医療センター膠原病科の長汐千秋氏が、4月19日のポスターディスカッションで1症例を報告した。

 患者は31歳の男性で、14歳時に腸管ベーチェット病を発症した。ステロイド、サラゾスルファピリジン、メサラジンなどによる治療によっても寛解を維持できず、再燃を繰り返していた。腸の広範囲の炎症による発熱、腹痛を来し、緊急入院となった。

 入院後、ステロイドの増量だけでは炎症反応は改善せず、メトトレキサートなどによる薬物治療も効果はなかった。このため、LCAPを実施したところ、1回目のLCAP後すぐに体温が平熱に戻り、腹痛も改善した。4日後には鎮痛薬の投与を中止できるなど、著明な効果がみられた。

 ただし、経口摂取を開始すると再び軽度の腹痛が出現、計5回のLCAPのうち、4回目以降は効果がやや落ちる傾向にあった。長汐氏は、「難治例で、現在まで2カ月寛解状態を保っているので有効と考えられる。LCAPの前後で白血球数やその分画を調べたところ、有効だった回では白血球数の増加と桿状核球の増加がみられた。今後、LCAPがなぜ効果を示したか、作用機序を検討したい」としていた。(小又理恵子)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34