2005.04.22

【日本リウマチ学会2005速報】 電気刺激でMTXの抗炎症効果を局所的に高める手法 関節炎の有意な改善で効果を確認

 癌の治療などに用いられる「電気穿孔法」によって、抗リウマチ薬メトトレキサート(MTX)の抗炎症効果を局所的に増強できることが、動物実験で確認された。大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学の多田昌弘氏は4月20日のポスターセッションで発表した。

 多田氏らの研究グループは、人為的に関節炎を起こしたラットを、MTX投与と電気刺激の有無で4群に分け、関節炎の状態を調べた。

 実験には、7週齢のLewis系ラット(200〜250g)を用い、尾根部にMycobacterium Butyricumを混濁した流動パラフィン0.2mlを皮下注射してアジュバント関節炎を起こさせた。

 36匹のアジュバント関節炎ラットを、(1)生理食塩水を腹腔内に注入した群「M-E-群」、(2)生理食塩水を腹腔内に注入し電気刺激を与えた群「M-E+群」、(3)MTXを0.125mg/kg/週を腹腔内に注入した群「M+E-群」、(4)MTX0.125mg/kg/週を腹腔内に注入し、電気刺激を与えた群「M+E+群」の4群に分け、アジュバント注入直後から18日目までに週2回、計6回の電気刺激を与えた。電気刺激は、左足関節のみに対して50V/cm・75m秒・8Hzの条件で6方向から行った。実験中のラットの体重と足部腫脹を調べた。

 その結果、M+E+群だけが足部腫脹が有意に減少した。右後足と左後足を比べたところ、電気刺激を与えた左後足で有意に腫脹が抑制された。体重の減少は各群に有意な差は見られなかった。

 電気穿孔法は、電気刺激を加えることで細胞膜の通過性を一時的に上昇させる手法。ウイルスベクターによる遺伝子導入や抗癌剤の抗腫瘍効果の促進などへの応用が研究されている。多田氏は臨床応用として、MTX投与後に電気刺激を与えることで局所作用を増強し、骨膜炎の消退につながる可能性があるとしていた。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1