2005.04.22

【日本リウマチ学会2005速報】 電気刺激でMTXの抗炎症効果を局所的に高める手法 関節炎の有意な改善で効果を確認

 癌の治療などに用いられる「電気穿孔法」によって、抗リウマチ薬メトトレキサート(MTX)の抗炎症効果を局所的に増強できることが、動物実験で確認された。大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学の多田昌弘氏は4月20日のポスターセッションで発表した。

 多田氏らの研究グループは、人為的に関節炎を起こしたラットを、MTX投与と電気刺激の有無で4群に分け、関節炎の状態を調べた。

 実験には、7週齢のLewis系ラット(200〜250g)を用い、尾根部にMycobacterium Butyricumを混濁した流動パラフィン0.2mlを皮下注射してアジュバント関節炎を起こさせた。

 36匹のアジュバント関節炎ラットを、(1)生理食塩水を腹腔内に注入した群「M-E-群」、(2)生理食塩水を腹腔内に注入し電気刺激を与えた群「M-E+群」、(3)MTXを0.125mg/kg/週を腹腔内に注入した群「M+E-群」、(4)MTX0.125mg/kg/週を腹腔内に注入し、電気刺激を与えた群「M+E+群」の4群に分け、アジュバント注入直後から18日目までに週2回、計6回の電気刺激を与えた。電気刺激は、左足関節のみに対して50V/cm・75m秒・8Hzの条件で6方向から行った。実験中のラットの体重と足部腫脹を調べた。

 その結果、M+E+群だけが足部腫脹が有意に減少した。右後足と左後足を比べたところ、電気刺激を与えた左後足で有意に腫脹が抑制された。体重の減少は各群に有意な差は見られなかった。

 電気穿孔法は、電気刺激を加えることで細胞膜の通過性を一時的に上昇させる手法。ウイルスベクターによる遺伝子導入や抗癌剤の抗腫瘍効果の促進などへの応用が研究されている。多田氏は臨床応用として、MTX投与後に電気刺激を与えることで局所作用を増強し、骨膜炎の消退につながる可能性があるとしていた。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256