2005.04.21

歯の表面を細菌から物理的に保護して歯肉炎を治す洗口液をFDAが承認

 米国食品医薬品局(FDA)は4月18日、新タイプの洗口液「Decapinol Oral Rinse」を新しい治療法として承認した。従来の殺菌薬とは異なり、歯の表面を物理的に覆うことで歯肉炎を治すのが特徴だ。軽度から重症の歯肉炎がある成人を対象とした臨床治験では、適切な歯磨きとデンタルフロスを施した上でこの洗口液を使うと、無治療の場合に比べ、歯肉炎を約60%減らすことができたという。

 Decapinolは、歯の表面に保護膜を作るという物理的作用によって歯垢の原因となる細菌が歯に付着するのを防ぐ。このためFDAは薬剤ではなく、医療機器(medical device)に分類している。

 Decapinol Oral Rinseの製造元は、英Sinclair Pharmaceuticals社。詳しくは、FDAのニュースリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急