2005.04.21

歯の表面を細菌から物理的に保護して歯肉炎を治す洗口液をFDAが承認

 米国食品医薬品局(FDA)は4月18日、新タイプの洗口液「Decapinol Oral Rinse」を新しい治療法として承認した。従来の殺菌薬とは異なり、歯の表面を物理的に覆うことで歯肉炎を治すのが特徴だ。軽度から重症の歯肉炎がある成人を対象とした臨床治験では、適切な歯磨きとデンタルフロスを施した上でこの洗口液を使うと、無治療の場合に比べ、歯肉炎を約60%減らすことができたという。

 Decapinolは、歯の表面に保護膜を作るという物理的作用によって歯垢の原因となる細菌が歯に付着するのを防ぐ。このためFDAは薬剤ではなく、医療機器(medical device)に分類している。

 Decapinol Oral Rinseの製造元は、英Sinclair Pharmaceuticals社。詳しくは、FDAのニュースリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 医師の「肩書き」がモノを言うとき 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:110
  3. 49歳男性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. あまりフレンドリーな医療者にならないようにしてい… 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:200
  5. 糖尿病患者に癌の発症が多いワケ 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:209
  6. スマホアプリによる血圧管理、上乗せ効果認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:81
  7. 抗体医薬の登場で片頭痛診療は大きく進歩します 慶應義塾大学神経内科専任講師の柴田護氏に聞く FBシェア数:213
  8. 2018改定で加算算定ルール変更、収入差10倍も 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:31
  9. 美人尼の介護を受けた晩年の良寛 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 原発性アルドステロン症の機能検査で病型を予測 学会トピック◎第91回日本内分泌学会学術総会 FBシェア数:72
医師と医学研究者におすすめの英文校正