2005.04.20

フルマラソン完走者の1割強が低ナトリウム血症 4時間超えるとリスクは7倍、積極的な塩分摂取も必要か

 フルマラソンを完走したランナーの1割強が、レース後に低ナトリウム血症を発症していたことがわかった。4時間を超える走行時間などがリスク因子になるという。米Harvard Medical SchoolのChristopher S.D. Almond氏らが、2002年のボストン・マラソン走者766人を対象に調査を行った結果、明らかになったもの。New England Journal of Medicine(NEJM)誌2005年4月14日号に掲載された。低ナトリウム血症はマラソン走者のレース関連の死因の一つと考えられているが、その罹患率について明らかにした研究はこれが初めてという。

 Almond氏らは、ボストン・マラソンのゴール地点で、被験者のうち488人から有効な血液サンプルを採取した。そのうち62人にあたる13%が、血清ナトリウム値が135mmol/L以下と、低ナトリウム血症だった。このうち血清ナトリウム値が120mmol/L以下と、深刻な低ナトリウム血症を起こしていたのは0.6%(3人)だった。

 リスク因子として明らかになったのは、レース後の体重増加(オッズ比4.2、95%信頼区間:2.2〜8.2)、走行時間4時間超(走行時間3時間30分未満に対するオッズ比7.4、同:2.9〜23.1)、肥満指数20%未満(肥満指数20〜25%に対するオッズ比2.5、同:1.1〜5.8)だった。

 本論文の原題は、「Hyponatremia among Runners in the Boston Marathon」。アブストラクトはこちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0