2005.04.20

【日本リウマチ学会2005速報】 70歳以上で発症した関節リウマチの特徴が明らかに

 高齢で発症する関節リウマチ患者には、初診時に関節症状以外を訴える、合併症がある、リウマチ因子陽性率が低い−−などの特徴があることが分かった。70歳以上で発症した症例群と、70歳未満で発症した症例群を比較検討した研究成果で、さいたま市立病院の広瀬立夫氏らが4月19日、ポスターセッションで発表した。

 広瀬氏らは、高齢で発症する関節リウマチ(RA)患者の特徴を明らかにするため、さいたま市立病院の外来を受診、あるいは入院したRA患者を対象に、初診時の臨床症状を検討した。対象は165例で、男性37例、女性128例、年齢は18〜101歳(66.8±15.8)。罹病期間は、0.1〜37年(5.90±8.35)。なお、すべての症例は、米国リウマチ学会の判定基準を満たしていた。

 発症年齢が70歳以上グループと、70歳未満グループに分けて検討した。患者背景は、70歳以上グループが30症例(男性9例、女性21例)、初診時年齢が77.3±6.5歳(70〜100歳)、罹病期間は1.4±2.2年(0.1〜10年)、発症年齢は76.0±6.4歳(70〜100歳)だった。一方、70歳未満グループは、45例(男性8例、女性37例)、初診時年齢が70.1±7.0歳(57〜90歳)、罹病期間が12.1±11.0年(0.1〜35年)、発症年齢は58.6±8.7歳(34〜69歳)だった。

 両グループで初診時の主な訴えを比べると、70歳以上では関節痛を訴える例が46.7%で、70歳未満では関節症状が97.9%だったのに比べ、半分以下であった。70歳以上では、関節痛以外では、発熱8例、四肢運動障害6例、食欲不振2例などだった。

 合併症については、70歳以上で合併症ありが63.3%で、70歳未満の31.1%に比べて目立っていた。また、リウマチ因子の陽性率は、70歳以上で48%、70歳未満で80.0%と高齢グループの方が低かった。

 高齢社会を迎え、高齢のRA患者が多くなることが予想されているが、その特徴をつかんでおくことは日常診療に欠かせないものとなるに違いない。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449