2005.04.20

【日本リウマチ学会2005速報】 70歳以上で発症した関節リウマチの特徴が明らかに

 高齢で発症する関節リウマチ患者には、初診時に関節症状以外を訴える、合併症がある、リウマチ因子陽性率が低い−−などの特徴があることが分かった。70歳以上で発症した症例群と、70歳未満で発症した症例群を比較検討した研究成果で、さいたま市立病院の広瀬立夫氏らが4月19日、ポスターセッションで発表した。

 広瀬氏らは、高齢で発症する関節リウマチ(RA)患者の特徴を明らかにするため、さいたま市立病院の外来を受診、あるいは入院したRA患者を対象に、初診時の臨床症状を検討した。対象は165例で、男性37例、女性128例、年齢は18〜101歳(66.8±15.8)。罹病期間は、0.1〜37年(5.90±8.35)。なお、すべての症例は、米国リウマチ学会の判定基準を満たしていた。

 発症年齢が70歳以上グループと、70歳未満グループに分けて検討した。患者背景は、70歳以上グループが30症例(男性9例、女性21例)、初診時年齢が77.3±6.5歳(70〜100歳)、罹病期間は1.4±2.2年(0.1〜10年)、発症年齢は76.0±6.4歳(70〜100歳)だった。一方、70歳未満グループは、45例(男性8例、女性37例)、初診時年齢が70.1±7.0歳(57〜90歳)、罹病期間が12.1±11.0年(0.1〜35年)、発症年齢は58.6±8.7歳(34〜69歳)だった。

 両グループで初診時の主な訴えを比べると、70歳以上では関節痛を訴える例が46.7%で、70歳未満では関節症状が97.9%だったのに比べ、半分以下であった。70歳以上では、関節痛以外では、発熱8例、四肢運動障害6例、食欲不振2例などだった。

 合併症については、70歳以上で合併症ありが63.3%で、70歳未満の31.1%に比べて目立っていた。また、リウマチ因子の陽性率は、70歳以上で48%、70歳未満で80.0%と高齢グループの方が低かった。

 高齢社会を迎え、高齢のRA患者が多くなることが予想されているが、その特徴をつかんでおくことは日常診療に欠かせないものとなるに違いない。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:74
  2. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  3. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:26
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:23
  6. 再発で引退も…オーバートレーニング症候群 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:29
  7. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  8. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:6
  9. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:100
  10. ティール組織から考える理想の組織って? 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正