2005.04.19

【日本リウマチ学会2005速報】 RAの骨折、「疼痛あるが単純X線上異常なし」が36% 日常動作による脆弱性骨折が7割占める

 関節リウマチ(RA)患者に合併する骨折の71%は日常生活の何気ない動作で生じる脆弱性骨折で、36%は疼痛があっても単純X線上では確認不能――。2日目のワークショップ5「骨粗鬆症の骨脆弱性と治療効果」では、大阪大学大学院器官制御外科学(整形外科学)の南平昭豪氏が、RA患者に伴う骨折の特徴について報告した。

 対象は、同科外来に定期通院中のRA患者209人。平均年齢は60.4歳、平均罹病期間は14.5年で、ステロイド使用中の患者は155人だった(平均使用量5.94mg/日)。このうち、2003年10月から2004年9月までの1年間に疼痛を訴え、臨床的・画像的に骨折と診断された22人・31骨折について、骨折部位や画像所見などを検討した。

 31骨折のうち、疼痛発生時に単純X線で骨折所見が認められたものは64.5%にとどまり、残りの35.5%はCTやMRI、骨シンチなどによって初めて確定診断が下された。骨折の部位は、一般の骨粗鬆症患者に多発する脊椎だけでなく、骨盤、上腕骨、大腿骨など全身にみられ、過去の報告に比べ骨盤骨折が23%と多い傾向にあった。これは、MRIなど、単純X線以外の手段によるひろい上げが影響しているとみられる。受傷機転別では、日常生活動作で生じた脆弱性骨折が71%と圧倒的に多く、疼痛症状と単純X線だけでは診断困難なものが少なくなかった。

 統計学的解析では、脊椎骨折にはステロイドの1日使用量の多さが、骨盤や下肢の骨折には身体機能や歩行能力の低下が、それぞれ独立した危険因子になっていた(オッズ比1.23、3.78)。

 罹病期間が長期にわたるRA患者では、ステロイド薬などの影響で骨粗鬆症を合併し、骨折を引き起こすケースが少なくないが、その実態を詳しく検討した報告はほとんどなかった。南平氏は、「RA患者の骨折は、脆弱性骨折や単純X線では確認できないケースが多いことを念頭に置いて、早期発見に努めるべき。特に、ステロイド使用量の多い患者や、身体機能が低下している患者では注意が必要だ」と話した。(亀甲 綾乃)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正