2005.04.18

【日本リウマチ学会2005速報】 横浜・みなとみらいで第49回日本リウマチ学会学術集会が開幕

 横浜市西区みなとみらいの複合イベント施設「パシフィコ横浜」で4月17日、第49回日本リウマチ学会総会・学術集会が開幕した。4月20日までの4日間にプレナリーセッション11演題、シンポジウム54演題、国際シンポジウム28演題を含む1025演題の発表と討論が繰り広げられる。

 開催初日の17日には、7演題の「アニュアルコースレクチャー」が行われた。米国の学会でよく見られるプレカンファレンス教育セッションに相当するもので、関節リウマチ治療ガイドラインの変遷、生物学的製剤や人工関節の最新動向、SLE、血管炎症、骨粗鬆症、変形性関節症の治療トレンドと、関心の高い話題をバランスよく配しており、冒頭の演題から、1000人収容のメインホールは立ち見も出る盛況となった。

 今期会長を務める聖マリアンナ医科大学教授で同大難病治療研究センター長の西岡久寿樹氏(写真右)は、生物学的製剤の新展開についてのアニュアルレクチャーの中で、「リウマチ治療は守りから攻めに、さらにキュア(完治)する治療へ、骨関節破壊を完全に抑制するという新しいパラダイムの時代がきた」と、治療戦略の劇的な変化を訴えた。

 大会では、企業展示、ポスター会場、インターネットカフェ、スポンサードシンポジウムシアターなどをまとめた「サイエンスランド」を設けているのが特徴。西岡氏自身の命名で、ディズニーランドをイメージしたという。「堅苦しい話を暗い中でやるばかりでなく、学会をエンジョイしていただきたい。そのなかから、患者さんのためのサイエンスはどうあるべきかを討議してほしい」としていた。(中沢真也)




Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27