2005.04.18

【日本リウマチ学会2005速報】 横浜・みなとみらいで第49回日本リウマチ学会学術集会が開幕

 横浜市西区みなとみらいの複合イベント施設「パシフィコ横浜」で4月17日、第49回日本リウマチ学会総会・学術集会が開幕した。4月20日までの4日間にプレナリーセッション11演題、シンポジウム54演題、国際シンポジウム28演題を含む1025演題の発表と討論が繰り広げられる。

 開催初日の17日には、7演題の「アニュアルコースレクチャー」が行われた。米国の学会でよく見られるプレカンファレンス教育セッションに相当するもので、関節リウマチ治療ガイドラインの変遷、生物学的製剤や人工関節の最新動向、SLE、血管炎症、骨粗鬆症、変形性関節症の治療トレンドと、関心の高い話題をバランスよく配しており、冒頭の演題から、1000人収容のメインホールは立ち見も出る盛況となった。

 今期会長を務める聖マリアンナ医科大学教授で同大難病治療研究センター長の西岡久寿樹氏(写真右)は、生物学的製剤の新展開についてのアニュアルレクチャーの中で、「リウマチ治療は守りから攻めに、さらにキュア(完治)する治療へ、骨関節破壊を完全に抑制するという新しいパラダイムの時代がきた」と、治療戦略の劇的な変化を訴えた。

 大会では、企業展示、ポスター会場、インターネットカフェ、スポンサードシンポジウムシアターなどをまとめた「サイエンスランド」を設けているのが特徴。西岡氏自身の命名で、ディズニーランドをイメージしたという。「堅苦しい話を暗い中でやるばかりでなく、学会をエンジョイしていただきたい。そのなかから、患者さんのためのサイエンスはどうあるべきかを討議してほしい」としていた。(中沢真也)




Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1