2005.04.18

【日本リウマチ学会2005速報】 横浜・みなとみらいで第49回日本リウマチ学会学術集会が開幕

 横浜市西区みなとみらいの複合イベント施設「パシフィコ横浜」で4月17日、第49回日本リウマチ学会総会・学術集会が開幕した。4月20日までの4日間にプレナリーセッション11演題、シンポジウム54演題、国際シンポジウム28演題を含む1025演題の発表と討論が繰り広げられる。

 開催初日の17日には、7演題の「アニュアルコースレクチャー」が行われた。米国の学会でよく見られるプレカンファレンス教育セッションに相当するもので、関節リウマチ治療ガイドラインの変遷、生物学的製剤や人工関節の最新動向、SLE、血管炎症、骨粗鬆症、変形性関節症の治療トレンドと、関心の高い話題をバランスよく配しており、冒頭の演題から、1000人収容のメインホールは立ち見も出る盛況となった。

 今期会長を務める聖マリアンナ医科大学教授で同大難病治療研究センター長の西岡久寿樹氏(写真右)は、生物学的製剤の新展開についてのアニュアルレクチャーの中で、「リウマチ治療は守りから攻めに、さらにキュア(完治)する治療へ、骨関節破壊を完全に抑制するという新しいパラダイムの時代がきた」と、治療戦略の劇的な変化を訴えた。

 大会では、企業展示、ポスター会場、インターネットカフェ、スポンサードシンポジウムシアターなどをまとめた「サイエンスランド」を設けているのが特徴。西岡氏自身の命名で、ディズニーランドをイメージしたという。「堅苦しい話を暗い中でやるばかりでなく、学会をエンジョイしていただきたい。そのなかから、患者さんのためのサイエンスはどうあるべきかを討議してほしい」としていた。(中沢真也)




Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に インタビュー◎集中治療における終末期医療の日米の違いを考える FBシェア数:146
  2. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:29
  3. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:50
  4. スポーツ貧血治療、実は結構気を遣うんです あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:28
  5. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:79
  7. 幻肢の痛みをバーチャルリアリティーで癒す トレンド◎幻肢痛の治療最前線 FBシェア数:94
  8. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:119
  9. 実は一番厄介なセンター国語対策をどうすべきか 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:5
  10. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1984
医師と医学研究者におすすめの英文校正