2005.04.14

【続報】アンゴラのマールブルグ病流行、死者が210人に

 世界保健機関(WHO)によると、4月11日、アンゴラのマールブルグ病流行による死亡数が210人とついに200人を突破した。前回の4月9日発表より16人の増加だった。患者数は前回より17人増え、231人となった(図1)。4月7日以降は、1日当たりの患者報告数、死者数とも5〜8人前後で推移している(図2)。

 依然として、アンゴラ北部のウィジェ州が流行の中心で、患者が202例、死亡が190例に達している。(三和護、医療局編集委員)

*WHOの発表資料はこちら






Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13