2005.04.14

【続報】アンゴラのマールブルグ病流行、死者が210人に

 世界保健機関(WHO)によると、4月11日、アンゴラのマールブルグ病流行による死亡数が210人とついに200人を突破した。前回の4月9日発表より16人の増加だった。患者数は前回より17人増え、231人となった(図1)。4月7日以降は、1日当たりの患者報告数、死者数とも5〜8人前後で推移している(図2)。

 依然として、アンゴラ北部のウィジェ州が流行の中心で、患者が202例、死亡が190例に達している。(三和護、医療局編集委員)

*WHOの発表資料はこちら






Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専門医制度も働き方改革も、好きにしてくださいな(… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:99
  2. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:85
  3. カンマの打ち方で意味が全く変わりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:20
  4. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:53
  5. 医療事故調の院内調査に弁護士の介入は要らない シリーズ◎どうする医療事故調制度 FBシェア数:33
  6. 心筋梗塞患者のせん妄治療に何を使う? BMJ誌から FBシェア数:160
  7. 血液ガス生理のバイブル 医学書ソムリエ FBシェア数:6
  8. 急性膵炎 動画で学ぶ腹部エコー診療の実際 FBシェア数:8
  9. 腹腔鏡ではなくロボット手術でお願いします 記者の眼 FBシェア数:24
  10. 胸部CTの読影では肺外にも注意する 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:16
医師と医学研究者におすすめの英文校正