2005.04.13

徳洲会はどこへ行く、今なお拡大を続ける巨大チェーンの実像−−日経ヘルスケア21の特集

 国内最大の病院チェーン、徳洲会の事業展開が新たな局面を迎えている。国内外で次々と病院新設を計画、介護関連施設の積極展開にも踏み出した。一方で、急拡大の歪みや「ポスト徳田虎雄」問題も浮上、その克服が急務となっている。

最新号表紙画像 日経ヘルスケア21の4月号の特集は、「徳洲会はどこへ行く。今なお拡大を続ける巨大チェーンの実像」です。このほかの主な内容は下記の通り。

特集
 コストカットでよみがえる病院

 相次ぐマイナス改定を受け、コスト削減に本腰を入れる病院が増えてきた。特に急性期病院の場合は、DPCの本格導入をにらめば「コストカット」はもはや避けて通れない。ムダな経費を減らして“スリムな病院”に生まれ変わる−−。変身に成功した病院のケースとそのためのノウハウを紹介する。

Report
 先進3事例に見る有床診の生き残りの条件
 亜急性期機能、在宅患者の支援機能などの強化図る

 「特定施設」化進まぬケアハウスに制度改正の波
 2006年の新介護報酬創設で“波乱”の予感

 介護予防・小規模多機能拠点で先行する中小介護事業者
 専門特化と小回りが利いたサービスで利用者を確保


インタビュー
 特定医療法人徳洲会副理事長・徳田哲氏
 最重要課題は理念の継続、それができなければつぶれた方がいい

 詳しくは、日経ヘルスケア21の4月号(4月8日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5