2005.04.13

徳洲会はどこへ行く、今なお拡大を続ける巨大チェーンの実像−−日経ヘルスケア21の特集

 国内最大の病院チェーン、徳洲会の事業展開が新たな局面を迎えている。国内外で次々と病院新設を計画、介護関連施設の積極展開にも踏み出した。一方で、急拡大の歪みや「ポスト徳田虎雄」問題も浮上、その克服が急務となっている。

最新号表紙画像 日経ヘルスケア21の4月号の特集は、「徳洲会はどこへ行く。今なお拡大を続ける巨大チェーンの実像」です。このほかの主な内容は下記の通り。

特集
 コストカットでよみがえる病院

 相次ぐマイナス改定を受け、コスト削減に本腰を入れる病院が増えてきた。特に急性期病院の場合は、DPCの本格導入をにらめば「コストカット」はもはや避けて通れない。ムダな経費を減らして“スリムな病院”に生まれ変わる−−。変身に成功した病院のケースとそのためのノウハウを紹介する。

Report
 先進3事例に見る有床診の生き残りの条件
 亜急性期機能、在宅患者の支援機能などの強化図る

 「特定施設」化進まぬケアハウスに制度改正の波
 2006年の新介護報酬創設で“波乱”の予感

 介護予防・小規模多機能拠点で先行する中小介護事業者
 専門特化と小回りが利いたサービスで利用者を確保


インタビュー
 特定医療法人徳洲会副理事長・徳田哲氏
 最重要課題は理念の継続、それができなければつぶれた方がいい

 詳しくは、日経ヘルスケア21の4月号(4月8日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22