2005.04.13

【裁かれたカルテ】 上顎癌の発見が遅れ効果的な治療を受ける機会を失った 転医勧告義務に違反、しかし死亡との因果関係は認めず

 上顎癌の発見が遅れ、効果的な治療を受ける機会を失ったのは、被告医師が転医を勧めなかったからだ−−。開業医の転医勧告義務違反の有無が問われた裁判で、2月15日仙台地方裁判所で判決が言い渡された。判決は、被告医師の転医勧告義務違反は認めたが、患者死亡との因果関係は認めず、慰謝料500万円の支払いを命じた。

 訴えていたのは、1997年12月に上顎癌のため死亡したAさん(当時60歳)の夫。Aさんが生前通院していた開業医を相手に、「上顎癌など重大な病気の可能性の疑いがあることを十分に説明した上で、より高度な医療を施すことができる医療機関への転医を勧めるべきであったにもかかわらず、これを怠った」として4000万円余の損害賠償を求めていた(詳細は有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」へ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ
  2. キャリアチェンジは成功だった?失敗だった? 医師1000人に聞きました FBシェア数:2
  3. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1840
  4. 見落としていませんか、先端巨大症 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:38
  5. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:153
  6. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:105
  7. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:10
  9. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  10. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:423