2005.04.13

【裁かれたカルテ】 上顎癌の発見が遅れ効果的な治療を受ける機会を失った 転医勧告義務に違反、しかし死亡との因果関係は認めず

 上顎癌の発見が遅れ、効果的な治療を受ける機会を失ったのは、被告医師が転医を勧めなかったからだ−−。開業医の転医勧告義務違反の有無が問われた裁判で、2月15日仙台地方裁判所で判決が言い渡された。判決は、被告医師の転医勧告義務違反は認めたが、患者死亡との因果関係は認めず、慰謝料500万円の支払いを命じた。

 訴えていたのは、1997年12月に上顎癌のため死亡したAさん(当時60歳)の夫。Aさんが生前通院していた開業医を相手に、「上顎癌など重大な病気の可能性の疑いがあることを十分に説明した上で、より高度な医療を施すことができる医療機関への転医を勧めるべきであったにもかかわらず、これを怠った」として4000万円余の損害賠償を求めていた(詳細は有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」へ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22