2005.04.13

コニカミノルタ、在宅使用可能な腕時計型パルスオキシメーターを発売

 コニカミノルタセンシングは、動脈血酸素飽和度と脈拍数を連続的に測定する腕時計型のパルスオキシメーター「酸素飽和度モニタ PULSOX-300」を5月に発売する。

 パルスオキシメーターは、動脈血中に含まれる酸素の量と脈拍数を光などを当てることで、採血することなく測定する装置。「PULSOX-300」は、指先にプローブ(端子)を装着して電源ボタンを押すだけで測定できるため、医療機関での対面使用だけでなく、在宅酸素療法などを受けている患者自身が家庭で簡単に使えるのが特徴。また、睡眠時無呼吸症候群のスクリーニングにも使用できるという。

 腕の形状に合うよう曲面にデザインされているため、測定器がずれにくく、より安定した測定値が得られるという。サイズは幅68×高さ58×奥行き15mmと小型で、重量も56gと軽量。表示部にはLED(発光ダイオード)を採用し、暗い場所でも数値が読める。単4形アルカリ電池1本で、約4000回の測定が可能。自動的に電源を切る機能や、電池警告表示なども付いている。価格は12万6000円(税込み)、プローブ1本付き。今秋には、血中酸素飽和度と脈拍数のメモリー機能が付いたタイプも発売予定という。

 本製品のプレスリリースはこちらで閲覧できる。(武田京子、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051