2005.04.12

【循環器診療の最新動向に関する調査2005】 高血圧治療のガイドライン、回答医師の80%近くが評価



 日本高血圧学会が昨年改定した「高血圧治療ガイドライン2004」の評価が高いことが分かった。MedWaveが日本循環器学会の開催を機に実施した「循環器診療の最新動向に関する調査」の結果、回答した医師の80%近くが評価すると回答した(図1)。調査は、MedWaveの会員医師に協力を求め、3月17日から4月9日までに156人から回答を得た。

 調査ではまず、高血圧治療ガイドラインの全般に対して、「高く評価している」「どちらかと言えば評価している」「まだわからない」「どちらかと言えば評価していない」「あまり評価していない」の5段階で評価してもらった。

 その結果、「どちらかと言えば評価している」が52.6%と過半数を超えていた。「高く評価している」も24.4%あり、合わせて77%が「評価している」と回答した。

 一方、「どちらかと言えば評価していない」は1.3%、「あまり評価していない」は0.6%で、「評価していない」は1.9%に過ぎなかった。なお、「まだわからない」は21.2%あった。

 調査ではガイドラインの主な項目についても評価を尋ねた(4項目から1つを選択)。

 ガイドラインでは、成人における血圧値の分類は、JSH2000を踏襲し、140/90mmHg以上を高血圧とした。これについては、「140/90mmHg以上でいいと思う」が76.3%と肯定派が多かった。「もっと厳しくすべきだった」は17.3%、「もっと緩めてもよかった」と「わからない」がそれぞれ3.2%だった(図2)。



 また、ガイドラインでは、降圧目標は、若年・中年者については変更がなく、高齢者および糖尿病患者の場合で厳しくなった。高齢者は140/90mmHg未満となったが、これについては、「140/90mmHg未満でいいと思う」が69.9%と多かった(図3)。「もっと厳しくすべきだった」は10.9%、「もっと緩めてもよかった」は16%だった。



 糖尿病・腎障害患者の場合の降圧目標は130/80mmHg未満とされたが、これについても、75%が「130/80mmHg未満でいいと思う」と回答、肯定派が多数だった(図4)。



 初診時の高血圧管理計画についても尋ねた。主な変更点を挙げ、もっとも評価する変更点を1つ挙げたもらったところ、「すべての患者において生活習慣の修正を指導することが示された」が54.5%で過半数を超えた(図5)。「生活習慣修正から降圧薬治療開始までの期間が短縮された」も31.4%で比較的高かった。



(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1