2005.04.12

【続報】アンゴラのマールブルグ病流行、患者214人、死者194人に

 世界保健機関(WHO)によると、4月9日、アンゴラのマールブルグ病流行による死亡数が194件に達した。前回の4月7日発表より14人の増加だった。患者数は前回より9人増え、214人となった(図参照)。

 依然として、アンゴラ北部のウィジェ州が流行の中心で、患者および死亡例の約90%がこの地域からの報告だという。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:483
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:852
  3. 未曾有の求人難でも採用に困らない病院の秘策 記者の眼 FBシェア数:3
  4. 診療報酬改定率、本体は0.55%の引き上げ シリーズ◎2018診療報酬改定 FBシェア数:103
  5. 細菌性髄膜炎がほぼ確実なのに起炎菌が不明! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
  6. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:3
  7. 50歳代男性。発熱、咳 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  8. ロコアテープの処方上限は70枚じゃない!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:40
  9. 小児科ナースは見た!!〜パワフルな1歳児〜 病院珍百景 FBシェア数:9
  10. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:455