2005.04.08

【裁かれたカルテ】「死因を明確にできなかったことは、遺族らに対する不法行為とはならない」

 死因が分からないときは、遺族に解剖を勧めるのが基本。しかし、拒まれる場合は当然ある。ところが、医療側は「遺族が同意しなかった」と思っていても、「勧めもしなかったではないか」と訴えられることもある。今回紹介する判例は、このあたりの行き違いが根っこにあって紛争に発展したものだ。

 安静を指示されていた患者が入院4日目に、歩いた直後に急死した。遺族らは、「肺塞栓症であったにもかかわらず、被告病院医師はこれを看過して適切な治療を行わず、また、十分な看護体制をとらず、患者が病室から出たのに気付かなかったため、患者は肺梗塞により死亡した」などとして、3400万円余の損害賠償を求めて提訴していた。「被告病院医師は、遺族である原告らに対して、患者の死因を解明せず、また十分な説明もしなかった」との訴えも争点の1つになった。

 これに対し裁判所は、まず「患者の死因は特定できない」と判断、この事実認定に基づき、病院医師に診療上の過失は認められず、また、病院の看護体制の不備も認められないと判断した。さらに、病院医師が患者の死因を明確にできなかったことは、遺族らに対する不法行為とはならないと判断し、原告の請求を退けた(詳細は有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」へ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7