2005.04.08

FDAがCOX2阻害薬valdecoxibの販売停止を要請 他のNSAIDにも心血管疾患リスクなどのラベル表示強化求める

 米国食品医薬品局(FDA)は4月7日、選択的COX2阻害薬であるBextra (成分名:valdecoxib)の販売停止を、製造元の米Pfizer社に要請した。心血管疾患リスクや中毒性表皮壊死症のような皮膚に関する重篤な副作用のリスクが、他の非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAID)と比べて高く、またBextraならではの優位性にも欠けることが理由という。米Pfizer社は、この要請を受け入れた。

 FDAは、同社のCOX2阻害薬であるCelebrex (成分名:celecoxib)や、その他の処方薬のNSAIDについては、注意書きを改め、心血管疾患リスクや胃腸出血に関する記述を強調し、またそれらのリスクに関して患者の理解を促す「Medication Guide」(メディケイション・ガイド)を加えるよう求めた。

 昨年9月に既に販売停止を決めたVioxx (rofecoxib)については、FDAは今後、製造元の米Merck社から販売の再開に関する提案があれば、それを注意深く再調査していく、としている。さらに一般用医薬品(OTC)のNSAIDについても、製造元に対し、心血管疾患リスクと胃腸出血の副作用に関して、消費者により明確な情報を提供する表示に変えるよう要請した。

 詳しくは、FDAのニュースリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 78歳女性。腹部の線状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 胸腔ドレーン挿入の理想と現実 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:67
  3. 「めまいの原因は何?」澄んだ心で耳を傾けよう 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:32
  4. 体重増加前に心不全増悪の予兆をどう察知する? 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《心不全》 FBシェア数:51
  5. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
  6. あなたのお金、働き者にさせませんか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:25
  7. 抗RSV抗体の投与回数制限で救えない命がある 倉敷中央病院総合周産期母子医療センター主任部長の渡部晋一氏に聞く FBシェア数:35
  8. 新規オピオイド製剤の注射薬、経口薬に続き登場 最新DIピックアップ FBシェア数:74
  9. ワクチン接種って本当に必要ですか? 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:239
  10. 自治体の権限強化で医師の地域偏在は解消するか リポート◎医師偏在対策に向けた医師法・医療法改正案が成立へ FBシェア数:48
医師と医学研究者におすすめの英文校正