2005.04.08

新潟県、医師養成修学資金で対象者募集中

 新潟県は医師養成修学資金事業で、2005年度の対象者を募集中だ。医師養成修学資金は、将来、新潟県内の市町村立病院などで医師として勤務する意思のある医学生に対して貸与するもの。採用人員は3人で、月額貸与金は30万円となっている。募集期間は2005年3月25日から4月20日まで。

 応募資格は、大学(大学院を除く)で医学を履修する課程に在学している人で、将来、新潟県内の市町村の医療機関に医師として勤務しようとする意志のある人。2005年4月に入学が決定した人あるいは入学した人(新入生)だけでなく、2年生以上の在学中の人も応募できる。

 大学の別(国公私立)あるいは応募者の出身県は問わない。ただし、生計を一にする家族、またはこれに代わって家計を支えている人の年収の合計額が1500万円未満の人に限っている。

 貸与額は月額貸与金が30万円、入学一時金が500万円などとなっている。なお、月額貸与金については、医師免許取得後、新潟県内の医療機関に一定年限以上勤務するなど所定の条件を満たせば、返還債務が免除になる。

 貸与期間は、貸与決定の月から卒業の月まで(正規の修業年限)。月額貸与金は毎月貸与する。一方の入学一時金は、大学に入学した月の月額貸与金に加算して貸与する。

 応募方法は、以下の申請書類を整え財団法人新潟医学振興会あてに提出する(持参または書留郵便により提出)。

(1)修学資金貸与申請書
 申請には、2人の保証人が必要。貸与を受けようとする人が未成年の場合は、保証人のうち1人を法定代理人とし、成年者である場合は、保証人のうち1人を父母兄姉またはこれに代る人とする。
(2)健康診断書(申請の日前2月以内に医療機関において作成したもの)
(3)戸籍抄本
(4)在学証明書(新入生は合格通知書の写しでも可)
(5)学業成績表(新入生は高等学校在学中のもの、新入生以外は直近のもの)
(6)履歴書(様式任意、写真貼付)
(7)源泉徴収票または確定申告書(2004年分の生計を一にする家族等の全員
の人のもの)

 採否の決定は、書面および面接による審査を行って修学生を選考する。その結果を申請者本人に文書で通知する。面接は新潟市内で行う。

 新潟県の医師養成修学資金事業は、新潟県と医師の育成・確保に取り組んでいる県内の市町村が貸与資金を拠出し合い、財団法人新潟医学振興会が修学生の募集や貸付の窓口となって修学資金の貸与事業を実施している。(三和護、医療局編集委員)

*応募先・問い合わせ先は、財団法人新潟医学振興会(〒951-8510 新潟市旭町通1-757 新潟大学医学部内、TEL:025-227-2176、FAX:025-225-5555)。

*新潟県の発表資料はこちら

*お知らせ
 MedWaveの若手医師向けのテーマサイト「パナケイア」では、このような修学資金の情報をはじめ、求人情報なども提供しています。詳しくはこちらへ(MedWaveへの登録が必要です。登録はこちらから)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正