2005.04.07

発芽玄米の血中コレステロール低下作用はステロイド類などの排泄促すため 東京農工大とファンケルが解明

 ファンケルは4月6日、発芽玄米が胆汁酸の生成を促進することなどによってコレステロールの排泄を促し、これが血中コレステロール値の改善を実現していることが明らかになったと発表した。東京農工大学教授の矢ヶ崎一三氏らと同社中央研究所の共同研究の成果で、3月30日に札幌で開催された日本農芸化学会で報告した。発芽玄米は玄米を水に浸してほんの少し発芽させた米のこと。話題の栄養素「ギャバ(γ−アミノ酪酸)」が通常の玄米に比べて約3倍含まれているのが特徴。

 研究グループは、高コレステロール血症ラットに白米、玄米、発芽玄米を摂取させた3グループと、正常ラットに白米を摂取させた1グループの合計4グループの病態を比較した。各グループについて、血中の総コレステロール、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、糞便中へのステロイド排泄量、肝臓中のコレステロール合成能、胆汁酸合成酵素の活性などを測定し、コレステロール代謝に及ぼす影響を検討した。

 その結果、発芽玄米と玄米を摂取したグループでは、総コレステロール、LDL-コレステロール、過酸化脂質の上昇を白米摂取のグループに比べ有意に抑制された。発芽玄米の摂取は肝臓のコレステロール合成能には影響を及ぼさずに胆汁酸合成酵素の活性を上げ、糞中への中性ステロール、胆汁酸などのコレステロールの代謝物であるステロイド類の排泄量を増加させることが判明した。

 本件のプレスリリースはこちらから手に入る(PDFファイル)。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  2. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:21
  3. 中国で流行拡大、家禽類の感染まん延が原因か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:141
  4. 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』最終案… リポート◎冠動脈疾患の発症を重視した動脈硬化治療の新指針 FBシェア数:264
  5. 株式投資なんてギャンブルでしょ…は誤解! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  6. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  7. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  9. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside FBシェア数:43