2005.04.07

サントリー、ビール中に含まれる消化管運動促進物質の構造決定と合成に成功

 水では到底飲めない量でもビールなら楽に飲めるのは、味やアルコールの効果もさることながら胃腸の動きを促す成分が含まれているためだったようだ。サントリーは4月7日、同社と静岡大学などの共同研究で、ビールに含まれる消化管運動促進物質の単離と構造決定、合成に成功したと発表した。研究成果は3月3日〜4日に東京・六本木で開催された第25回アルコール医学生物学研究会学術集会で発表した。

 研究を行ったのは静岡県立大学薬学部助教授の糠谷東雄氏らとサントリー生物有機化学研究所、サントリー、ナード研究所。ビールに存在することが予見されていた消化管運動促進物質2種類の構造を決定した。1つは大麦に含まれる誘導成抗菌物質「ホルダチンA」、もう1つがホルダチンAの幾何異性体で、これまで知られていない新規化合物(以下MLT)であることが明らかになった。

 研究グループはホルダチンAとMLTの化学合成にも成功した。サントリーは2002年にビール中の成分が消化管平滑筋に存在するムスカリンM3受容体を直接刺激することで消化管運動を促進することを突き止めている。今回、合成したこれらの消化管運動促進物質が、ムスカリンM3受容体に対して強い結合活性を示すことを確認している。

 同社では今後、合成した新規物質が持つ消化管運動促進効果を生かした飲料や食品の商品化を検討していくとしている。

 サントリーのプレスリリースはこちらまで。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:40
  2. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:46
  4. 慈恵医大、画像診断所見放置で新たに2人死亡 画像診断報告書の確認漏れが相次ぐ FBシェア数:192
  5. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:245
  6. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:24
  7. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:14
  8. ハーボニーが使えないC型肝炎患者はどうなる? 記者の眼 FBシェア数:0
  9. やる気のある職員が定着しない…打開策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:116
  10. 「What can I help you wit… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:1