2005.04.07

サントリー、ビール中に含まれる消化管運動促進物質の構造決定と合成に成功

 水では到底飲めない量でもビールなら楽に飲めるのは、味やアルコールの効果もさることながら胃腸の動きを促す成分が含まれているためだったようだ。サントリーは4月7日、同社と静岡大学などの共同研究で、ビールに含まれる消化管運動促進物質の単離と構造決定、合成に成功したと発表した。研究成果は3月3日〜4日に東京・六本木で開催された第25回アルコール医学生物学研究会学術集会で発表した。

 研究を行ったのは静岡県立大学薬学部助教授の糠谷東雄氏らとサントリー生物有機化学研究所、サントリー、ナード研究所。ビールに存在することが予見されていた消化管運動促進物質2種類の構造を決定した。1つは大麦に含まれる誘導成抗菌物質「ホルダチンA」、もう1つがホルダチンAの幾何異性体で、これまで知られていない新規化合物(以下MLT)であることが明らかになった。

 研究グループはホルダチンAとMLTの化学合成にも成功した。サントリーは2002年にビール中の成分が消化管平滑筋に存在するムスカリンM3受容体を直接刺激することで消化管運動を促進することを突き止めている。今回、合成したこれらの消化管運動促進物質が、ムスカリンM3受容体に対して強い結合活性を示すことを確認している。

 同社では今後、合成した新規物質が持つ消化管運動促進効果を生かした飲料や食品の商品化を検討していくとしている。

 サントリーのプレスリリースはこちらまで。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:147
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:199
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:42
  4. 二次予防ならSGLT2阻害薬が第二選択薬に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《7》 FBシェア数:79
  5. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:55
  6. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:29
  7. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. あれ・それがどれ?で論文が台無しです! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:16
  9. アレルギー性鼻炎に世界初の経皮吸収型製剤 最新DIピックアップ FBシェア数:132
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:45
医師と医学研究者におすすめの英文校正